車を売るのにかかる日数はどのくらい?売り方別に解説

車を売るのにかかる日数はどのくらい?売り方別に解説

 

車,売る,日数,どのくらい

 

車を売りたい!と思うけど、車を売るのってどのくらいの日数が必要なんだろと気になりますよね。

 

車を売るには手続きや書類が必要になるので、思い立った日に即売るというのはなかなか難しいです。

 

車には買取店に売る・個人売買・下取り・オークション代行など様々な売り方がありますが、売り方によって売って代金をもらう迄にかかる日数に差があります。

 

どの売り方がどのくらいの日数がかかるのか、平均的な日数をご紹介しますので参考にしてください。

 

まずは!車を売るならとりあえず印鑑証明をとっておこう

 

車,売る,日数,どのくらい

 

車を早く売りたいという場合は印鑑証明書を早く取得しておきましょう。

 

普通自動車を売る場合には公的書類である印鑑証明書が必須です。

 

印鑑証明書が無いと車を売る事が出来ないので、早く売りたいなら早く取得しておく必要があります。

 

軽自動車の場合は、印鑑証明書は不要なので今すぐにでも売る事が出来ます。

 

車を売る時に必要なものをまとめ!

 

早く売りたいなら一括査定が早い!

 

車,売る,日数,どのくらい

 

早く売るなら車買取専門店に売るのが一番早いです。

 

最短で即日売る事ができます。

 

車買取店に今すぐ、査定・買取依頼をしたい場合は一括査定サービスをうまく使いましょう。

 

一括査定サービスを使えば、あなたの住んでいる地域で対応してくれる車買取専門店を自動で探してくれます。

 

さらに、インターネット上から査定依頼を即座に出せるので対応がかなり早いです。

 

一括査定サービスは複数の車買取専門店に査定依頼が出来るサービスではありますが、急ぎの場合は1社だけの申し込みでも利用できます。

 

高く売りたい場合は、2社・3社以上の査定を比較する事を強くオススメしますが、どうしても急ぎで一刻の猶予もないという場合は1社だけでもOKです。

 

一括査定サービスは無料サービスなので気軽に利用して、楽に早く売りましょう。

 

車,売る,日数,どのくらい

 

車を売るのにかかる日数が売り方によって違う理由

 

車,売る,日数,どのくらい

 

車を売るのにかかる日数が売り方によって違う理由は、売り方によって手続きが大きく違うからです。

 

下取り・車買取専門店へでの買取では、

 

査定→契約

 

という流れでの買取になるので比較的早く売る事ができます。

 

オークション代行・委託販売では

 

査定→価格決定→展示・競売→落札・成約→契約

 

となるので、時間がかかります。

 

また、個人売買では自分ですべての手続きをしないといけないので日数と手間がかかります。

 

また、個人売買の場合にネックとなるのが買い手を見つける事です。

 

買い手が見つかって、なおかつ手続きに慣れている・経験がある場合は比較的早く売る事ができます。

 

各売り方別の売るまでにかかる平均日数

 

下取りの場合

 

即日〜納車まで

 

下取りの場合は、ディーラーなどで車を購入する際の契約・見積時に査定をします。

 

査定自体は10分程度で終わりますので、そう時間はかからないです。

 

下取りの場合は、車を手放すタイミングは基本的に

  • 次の車が納車される日
  • 査定後すぐに手放して代車を借りる

かのどちらかになります。

 

車買取専門店に買取してもらう場合

 

即日〜1週間程度

 

車買取店の場合は、査定→契約という流で売るようになります。

 

必要書類(印鑑証明)さえ揃っていれば、査定した当日に売る事もできます。
車買取店の中には、即日即現金買取に対応している業者もあります。

 

早く車を売りたいなら、車買取専門店に売るのが一番早いです。

 

一括査定経由なら、インターネット上から今すぐに査定依頼が出来ます。

 

車,売る,日数,どのくらい

 

 

オークション代行で売る場合

 

1週間以上〜

 

オークション代行の場合は、

 

査定→価格決定→車をオークション会場へ→競売→落札→契約

 

と多くの段階を踏むのでどうしても時間がかかります。

 

不落となった場合にはその分さらに時間がかかるので、いつ売れるのか予測しづらいです。

 

委託販売

 

1週間以上〜

 

 

委託販売は、車販売店の店頭やインターネット在庫に車を掲載してもらって次のオーナーに売るという方法です。

 

その性質上、展示されてから売れるまでどのくらいかかるかという予想が難しく何週間経ってもなかなか売れないという可能性も十分にあります。

 

非常に売れる迄に日数の必要な売り方だと言えます。

 

個人売買

 

即日〜

 

個人売買の場合は、買い手がいればすぐにでも売れます。

 

基本的に、車両と委任状などの必要書類と代金を引き換えるだけなので双方の準備が出来ていればスグに売れます。

 

ただし、個人売買の場合は買い手を自分で見つけないといけないので買い手探しにかかる日数がどのくらいかかるかで大きく変わります。

 

 

ネットオークション

 

即日〜

 

ネットオークションに個人で出品する場合は、いつ落札されるかがすべてです。

 

即決価格を設定した場合、出品したらすぐに売れる事もありますし何回出品してもなかなか落札されない場合もあります。

 

また、引き渡しの日程調整などの手間などもあるので即日落札されても実質手放すまでに1週間以上かかる場合も多いです。

 

 

手間なく確実に早く高く売れるのは一括査定

 

車,売る,日数,どのくらい

 

車を売るのにかかる日数は売り方によって違います。

 

オークション代行やネットオークションへの個人出品、委託販売などはかなりの高額で売れる可能性も秘めているので魅力的ですが「いつ売れるかわからない」という点が問題です。

 

何か月も売れないという場合も十分にありえます。

 

はっきり言って万人向けの売り方ではありません。

 

 

誰でも手間なく確実に早く・そして高く売りたいなら一括査定サービスを利用して各社の査定結果を比較して売るのが良いでしょう。

 

急いで売る必要がある場合でも、即日買取に対応してくれる買取店もあるのでかなり早く売る事が出来ます。

 

 

車を売るなら余裕を持ったスケジュールで売ろう

 

車を売るのは、他の物のように簡単に即売れるものではないです。

 

法律で定められた手続きをしないと売る事が出来ないので、書類不備や公的書類(印鑑証明など)の取得を忘れた際には思ったよりも時間がかかってしまう場合もあります。

 

なので、できるだけ早めに動きだした方が余裕をもって売れます。

 

余裕があれば、一括査定などで各社の査定を比較して高く売れる買取店を選ぶという事も出来るので結果的に高く売れますし落ち着いて判断が出来るので失敗が少なくなります。

 

一括査定なら、インターネット上からすぐに申し込みが出来るので売却を考えているならとりあえず申込して査定をしてもらうのがいいですね。

 

車,売る,日数,どのくらい

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ