他人・親名義の車って売れるの?所有者名義人が違う車の売り方

他人・親名義の車って売れるの?所有者名義人が違う車の売り方

 

車を売ろう!と思ったけど、今乗ってる車の所有者名義が自分じゃない・・・・・

 

という場合には「この車って自分で売れるの?」って思いますよね。

 

結論から言うと、自分の名義じゃない車は勝手に売れません。

 

当たり前といえば当たり前ですよね。
他人の車を買ってに売却出来てしまうと大変なことになります・・・・・・・

 

ただし!名義人本人が売らないと絶対売れない!という事はありません。

 

車検証に記載されている所有者名義が自分じゃない時は、所有者名義人になっている人に書類を準備してもらえば自分で売る事が出来るようになります。

 

 

車検証の名義人と違う人が名義変更をする時には委任状等が必ず必要

 

勝手に売れたら困るから売れませんが、名義人の同意があった場合は当然売る事ができます。

 

なので、名義人の同意があった事を証拠づける書類を準備する必要があります。

 

これが、委任状や申請依頼書と言った書類です。

 

準備しておかなければいけない書類は、インターネットでダウンロードできるので利用してみましょう。
当コンテンツにダウンロード先をリンクしてあるので利用してください。↓↓↓

 

普通車と軽自動車と必要な書類が違うので、それぞれ必要になる書類を解説します。

 

普通自動車を売る時に名義人に準備してもらう書類

 

普通自動車を売る時に名義人に準備してもらわないといけない書類は4種類あります。
それぞれ、

 

  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 印鑑証明
  • 実印

 

です。

 

印鑑証明・実印以外はインターネットダウンロードすればOKです。

 

委任状のPDFはこちら
譲渡証明書のPDFはこちら

 

委任状・譲渡証明書に押印する印鑑は印鑑証明書と同じものを押すようにしましょう。

 

軽自動車を売る時に名義人に準備してもらう書類

 

軽自動車を売る場合には必要な書類は1枚だけです。

 

  • 申請依頼書

 

申請依頼書はインターネットでダウンロードできるので活用しましょう。

 

申請依頼書のPDFはこちら

 

軽自動車の場合は、申請依頼書に記入と捺印(認印でOK)があれば名義変更手続きはすべてできます。
申請依頼書があれば名義変更で必要になる他の書類に押す旧所有者の印鑑を全て省略できます。

 

つまり、軽自動車の場合は申請依頼書があればとにかくOKという事です。

 

車検証の名義が自分で無い時は名義人に書類を準備してもらおう

 

売ろうとしている車の車検証の所有者名義が自分の名前じゃなかった場合は、所有者名義人になっている人に書類を準備してもらいましょう。

 

普通自動車の場合は

 

  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • 印鑑証明書
  • 実印

 

で、軽自動車の場合は

 

  • 申請依頼書

 

の1種類だけでOKです。

 

印鑑証明書は市町村役場に取りに行ってもらいましょう。

 

又はマイナンバーカードがあればコンビニでも発行できます。

 

それ以外の書類は当ぺージですべてダウンロードできるので利用してください。

 

 

例外※名義人がローン会社名義の場合

 

ローンで車を買う事はよくある事ですが、ローンの借入先によっては車の所有者名義がローン完済までローン会社の名義になっている場合があります。

 

もし、車検証の所有者名義がローン会社の名前になっている場合は、まずローンを完済して名義変更をしてもらいましょう。

 

ローンをすでに完済しているにも関わらず名義変更がされてい無い場合は、ローン会社に連絡を取って速やかに名義変更してもらいましょう。

 

名義人がローン会社名義の場合の対処法はこちらで解説していますので参考にしてください。

 

 

    ↓   ↓   ↓ 

 

 

ローン返済中の車を売るたった1つのポイント

 



ホーム RSS購読 サイトマップ