新車購入後何年目で売るのが一番得なのか?ベストな買い替えサイクルとは?

新車購入後何年目で売るのが一番得なのか?ベストな買い替えサイクルとは?

 

新車で購入した車を廃車にするまで乗り続ける人は少なく、何年か乗ったあと売って乗り換えるのが一般的です。

 

数年後に乗り換える前提で車を購入した時、いったい何年目で売るのが一番お得なのか?という事について解説します。

 

新車の買い替えサイクルには適切な時期があります。
適切な新車の買い替えサイクルで車を買い替える事で、お得に数年に1度毎回新車に買い替える事が出来ます。

 

いったい何年で売るのがベストなのでしょうか?

 

新車は購入後5年で買い替えがベスト

 

結論から言うと、新車を購入して5年目の車検前に売るのがベストです。
新車で購入した車を高く売って、また新しい車を購入したい場合は5年目の車検時に売るようにしましょう。

 

なぜ、5年目なのか?7年目・3年目ではダメなのか?

 

5年目が売り時としてベストなのには理由があります。

 

5年目までは買取価格が高く、2回目の車検でタイミングがいい

 

新車購入後、5年目まではまだまだ中古車としての価値が高く高値での売却が十分に見込めます。

 

その証拠に各自動車メーカーが展開している残価設定型クレジット(通称残クレ)でも、ほとんどのメーカーが車の残価を最大5年目までは保証しています。

 

このことからわかるように、車の価値は5年目までは大きく下がる可能性は低いです。

 

しかし、5年を過ぎてからは中古車価格の変動が大きく人気車種なら底堅く価格が推移しますが、あまり人気のない車種だと5年を過ぎてからガクッと価値が下がってきてしまう事もよくある事です。

 

また、車を売るなら車検前がお得です。

 

車検残の査定プラス額は少ないので、車検が残っている状態で売ったとしても

 

車検費用>車検残りの査定プラス分

 

となります。少々の金額ではありますが、損になります。
車検残が3か月を切ると車検の残りの査定プラスは無くなりますので売るのは車検切れの3か月前が良いでしょう。

 

新車で購入した場合は、車検前にあたるのが車を購入してから

 

3年目(初回)・5年目(2回目)・7年目(3回目)・9年目(5回目)・・・・・・・

 

というようになりますので、車検切れ前でまだまだ高く売れる可能性が高い5年目に売るのがベストという事になります。

 

5年目まで高く売れるなら、3年目の初回車検ではダメなの?と疑問に思うかもしれませんが、初回車検時でははっきり言ってダメです。
初回車検時に売るのがダメなのは、新車が購入後大きく値崩れするから

 

初回車検時の3年目に売るのがNGな理由は、新車は購入後すぐに大きく値崩れするからです。

 

車の価値は、新車時が100%だとすると購入直後に80%ほどに大きく値崩れします。
ほとんどの場合新規登録・納車された瞬間にはもう値崩れしてしまっているんです。

 

納車された時点で大きく値崩れした後は、5年目に向かってなだらかに価値が少なくなっていきます。

 

仮に300万の車を購入した場合の1年間に車にかかったお金を計算してみると・・・・

 

300万(新車時価格)−240万(値崩れ後80%の価格)=60万

 

となります。

 

なので、1年目に車を売った場合は年間60万円かかったという計算になります。

 

これが3年目になると・・・・

 

300万(新車価格)−195万(残価65%)=105万

 

105万÷3年=35万円

 

となるので、年間35万円で車に乗れたという計算になります。

 

5年目となると・・・・・

 

300万(新車価格)ー165万円(残価率55%)=135万円

 

135万円÷5年=27万円

 

となるので、年間27万円で車に乗れていたという計算になります。
※残価率はおおよそで、これよりも悪くなることもありますし良い場合もあります

 

金額、残価率は架空のものですがだいたい新車で購入した車は似たような値動きになります。

 

この例からわかるように、

 

早く売れば高く売れるが、新車価格ー売却額の年あたりの金額が大きくなるので損

 

だと言えます。

 

だから、3年目の初回車検で売るよりも5年目の2回目の車検で売るのが良いんです。

 

5年サイクルで買い替えるなら、残価率の高い車を選ぶのがポイント

 

また、新車で購入して5年目で買い替える事を前提に新車を買うなら一番重視したいポイントは残価率の高い車を選ぶという事です。

 

車の残価率は車種によって大きく変わります。

 

5年目の残価が60%以上になる車もあれば、50%以下になってしまう車種もあります。

 

残価率が違えば、5年目になって売る時に金額差はかなり大きくなります。

 

仮に残価率60%の車種と40%の車種があったとすると、

 

両方が300万の車なら、残価率60%の車は買取価格が180万になり残価率40%の車は120万になります。

 

同じ新車で購入して、同じだけ乗ったのに60万も差がついてしまいます。
60万円てかなりデカいですよね・・・・・・

 

5年サイクルで新車に買い替えたいという場合は、できるだけ残価率の高い車種を選ぶようにしましょう。
残価率がどうなのかは車を購入する際にディーラーの営業マンに質問すれば教えてくれます。

 

 

5年サイクルでの買い替え前提で購入するなら残クレは賢い選択

 

5年サイクルでの買い替えを前提に新車を購入するなら、残クレでの購入は賢い選択になります。

 

残クレのメリットはやはり、月々の支払が安くなるのと金利が通常のローンより安くなる事です。

 

新しい車に5年周期で買い替えるという車の乗り方をするなら、残クレで購入して、残クレの支払いが終わる5年目に車を手放し次の車に買い替えてまた残クレでローンを組むという買い方をすればずっと安い支払いでキレイで最新の車に乗る事が出来ます。

 

新車購入の前に、今の車を高く売るのがお得な車購入の最大のポイントです

 

新車を購入するときには、いかにお得に購入する考えますよね。

 

新車の購入をお得にする最大のポイントは、今乗っている車をいかに高く売るか?というところにかかってきます。

 

新車の値引きやローンの組み方などで節約できる金額には限界がありますし、実は他の人との差も出にくいです。

 

ですが、今乗っている車の売却は売り方によってかなりの差がでます。

 

多くの人は新車購入の際にディーラーで下取りをしてもらいますが、はっきり言って下取りでは高額査定は無理です。

 

今の車を高く売ってお得に新車を購入したい!

 

というなら、一括査定サービスの利用はもはやあ当たり前ですね。

 

一括査定サービスなら、複数の車買取専門店に査定を受ける事が出来ます。

 

査定の結果を比較して、競争させれば確実に高く売れる。そういう仕組みです。

 

利用料は無料なので、高く売りたいなら利用してみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ