車を売ってお金にしても確定申告は不要です

車を売ってお金にしても確定申告は不要です

 

 

車を売って思わず高く売れてまとまったお金が手元に入ると

 

「もしかして、売ってお金が手に入ったから確定申告が必要?」

 

と心配になりますよね。

 

 

大丈夫です。

 

車を売ってもほとんどの場合、確定申告は必要ないです。

 

なぜなら、車を売ってもお金を得ても「所得」にはならないからです。

 

 

車を売っても所得にならない理由

 

「車売ったらお金が入るんだから所得なんじゃないの?」と思うかもしれませんが、それは違います。

 

確定申告が必要な所得とみなされるのは、利益が出た時だけです。

 

一般の人が車を売る時には、車の資産価値以上の金額で売れる事はほとんどありません。

 

なので、実質車を売っても利益にはならないんです。

 

おそらく、車を売って確定申告が必要と思われたという事は

 

車の売却額=所得

 

と思っていると思いますがコレは違います。

 

所得になるのは

 

車の資産価値<車の売却額

 

となった時だけです。

 

以前は車の価値は残価率によって評価されていましたが、今は一般動産として評価するので、実際の売買価格や市場価格によって評価されます。

 

つまり、

 

  • 車の中古での実売価格
  • 買取業者の査定価格
  • 実際に売れた額
  • 新車価格から減価焼却相当額を引いた額

 

が評価額になります。

 

この評価額の基準をみてみると、車の資産価値は「売れた額」とほぼイコールなので車を売った事で利益が出て所得になるという事はあまりありません。
車の資産価値=車の売却額

 

となります。

 

特殊な車の場合は利益が出る事もある

 

珍しい車やクラシックカーなどの車両は新車価格より高い値段で取引される事もあります。

 

そういった特殊な事例の場合は、所得とみなされる場合も考えられるので、もしそういう車を売ってかなり大きい金額で売れた場合は税務署へ相談してみるのが無難です。

 

 

車の資産価値は売却額とほぼイコールなので、確定申告しなくていい

 

確定申告が必要になるのは、車を売って「利益が出た」時だけです。

 

普通の一般的な車の場合は

 

車の査定・売却額=車の資産価値

 

となるので、利益が出るという事はほとんどありません。

 

希少価値などの特殊な理由で新車以上に高く売れた車の場合は利益が出ているようになっている可能性はあります。

 

そういう特殊なケースの場合は税務署に相談してみましょう。

 

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ