手洗い洗車で車をピカピカにするコツ

手洗い洗車で車をピカピカにするコツ

 

手洗い洗車で車をピカピカにするにはコツがあります。

 

ズバリ!手洗い洗車のコツは適切な道具を利用することです。

 

適切な道具とは基本的に

 

  • 洗車用の洗剤(何でもOK)
  • 水垢落としクリーナー(リンレイがベスト)
  • 簡易コーティングまたはワックス

 

の3種類をそろえておけばOKです。

 

 

洗車は基本的に

 

流す

こする

流す

拭き上げる

 

という流れで誰もがしていると思います。

 

ですが、思ったようにキレイにならないことってありますよね?

 

洗車はやり方よりも道具の選び方で仕上がりが大きく変わります。

 

車の汚れは適切な方法で適切なものを使って適切に行う事で完璧に落とせます。

 

つまり、手洗い洗車のコツとは

 

汚れに対して適切な道具(洗剤)を使うという事です。

 

適切な道具の見極め方

 

適切な道具はまずボディコーティングの有無で絞り込まれます。

 

ボディコーティング施工車はコーティング車専用の洗車剤を利用して洗車しましょう。

 

それで汚れが落ちないようなら、コーティングが剥がれている、または劣化している可能性大です。

 

コーティング施工してもらったお店に持ち込んでメンテナンスを受けるようにしましょう。

 

コーティング施工車は下手にあれこれすると、逆にコーティングを駄目にしてしまい汚れやすい車になってしまう可能性があります。

 

ボディコーティングをしていない車で汚れが落ちない!

 

という場合、水垢がこべりついている可能性が高いです。

 

雨が垂れたような黒い筋や落ちない汚れが付いている場合ほぼ間違いなく水垢です。

 

洗車をサボった車やコーティングされてない車には割りとすぐについてしまいます。

 

水垢は普通の洗車剤で洗車しただけではまず落ちません。

 

水垢落としクリーナーを利用しましょう。

 

おススメはリンレイの水垢落としです。

 

価格も安く効果も高いです。ボディ表面にもやさしく施工も簡単で水垢汚れならコレが一番です。

 

 

洗車後の車にツヤを出したい場合

 

ツヤを出したい場合は、簡易コーティング剤またはワックスを使います。

 

ワックスは昔ながらの、固形で塗りこんで行くものです。
非常に手間がかかりますが、簡易コーティング剤では出せない深いツヤが出ます。

 

とにかくツヤにこだわる人は固形ワックスを利用するようにしましょう。

 

 

簡易コーティング剤は最近流行の個人でも簡単に施工ができるコーティング剤です。

 

スプレーを吹くだけであとはふき取るだけのものや、もう少し手間のかかるものもあります。

 

初めて使う人には、シュアラスターのウォーターゼロドロップがオススメです。

 

価格が安いわりに性能がよくしっかりキレイになるので、まずどんなものか使ってみたい時にはオススメです。

 

こだわりの人にオススメなのは

 

ピカピカレインシリーズです。

 

ネット通販で話題の商品で、簡易コーティング剤ながら業者のコーティングのようなキラキラとしたツヤがしっかりとでます。

 

施工は少し手間ですが、固形ワックスほどではないです。

 

手間はかけたくないけどワンランク上のツヤがほしい場合は

 

ブリスがオススメです。ブリスは簡易コーティング剤としてかなり前からある商品ですが、未だ人気が根強くしっかりとしたツヤがでます。

 

※簡易コーティング剤はいろいろ使える

 

実は簡易コーティング剤はボディをキレイにするだけじゃなく、樹脂部分のツヤだし・エンジンルームのツヤだし・スマホの画面の指紋防止(使えるものと使えないものがあるかも・・・)といろいろ使えます。

 

 

小さな傷が気になる場合

 

車に乗っていると飛び石や爪などがあたって小傷がつくのはさけれれません。

 

長く乗っていて数が増えてくると気になりますよね。

 

傷の程度にもよりますが、小さな傷程度ならリンレイの水垢落としクリーナーでも消す事ができます。

 

ドアノブの爪の当たった傷もこすればすぐにきれいになります。

 

リンレイの水垢落としクリーナーは大抵の汚れは落とせるのでとてもオススメです。

 

 

手洗い洗車のコツ

 

手洗い洗車で車をきれいにするコツは適切な道具を使うことです。

 

道具といっても高圧洗浄機や高性能スポンジなどは必要ないです。

 

車をキレイにするのに必要なのは、

 

  • 洗車用洗剤
  • 水垢落としクリーナー
  • 簡易コーティング剤またはワックス

 

の3つです。

 

この3つさえあればほとんどの車はピカピカの状態にできます。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ