車の内装をキレイに掃除する5つのコツ

車の内装をキレイに掃除する5つのコツ

 

車の内装の掃除って以外と難しいですよね。

 

シートの汚れが取れなかったり、フロアマットがキレイにならなかったり・・・・・

 

車の内装をキレイに掃除するコツを紹介するので、試して見てください。

 

車の内装掃除のマストアイテム

 

車の内装掃除をするには、コレだけ揃えておけばOK!という必要最低限のものは以下の5つです。
この5つさえあれば、他に特別なものはいりません。

 

  • コロコロ
  • 刷毛
  • 掃除機
  • マイクロファイバークロス
  • 艶出し剤

 

100円均一やドラッグストア・ホームセンターなどで手に入るものばかりです。
掃除機を含めてamazonで全てそろえても4000円以内で収まります。

 

 

車の内装をキレイにするコツ

 

@シートはコロコロでキレイにしよう

 

シートに付いた髪の毛やお菓子のカスなどの小さなゴミはコロコロで一網打尽に出来ます。

 

オススメはサイズの小さなコロコロです。

 

コロコロだけでシートの大部分はきれいにすることが出来ます。

 

シートの隙間は刷毛で汚れを書き出しながら掃除機で吸いましょう。

 

 

A樹脂部分には艶出し剤とマイクロファイバーでキレイに

 

ダッシュボードやメーターフード、センターコンソールなど車の内装にはたくさんの樹脂性パーツが使われています。

 

樹脂の部分はホコリが付いたり、日焼けで退色しやすいです。

 

退色防止をかねて、内装掃除の際は艶出し剤でサッと拭いておきましょう。

 

樹脂部分をツヤ出し剤で拭くだkで、車の内装全体が明るくなったかのように爽やかになります。

 

Bマットとフロアは掃除機とコロコロでキレイに

 

フロアマットははずして、まずは叩きます。

 

叩いてある程度汚れが落ちたら、掃除機→コロコロの順で掃除するととてもキレイになります。

 

マットをはずした後の車内のフロアは、刷毛でゴミを掻き出してから掃除機をかけて、コロコロで仕上げるといいでしょう。

 

コロコロは内装掃除のマストアイテムです。

 

C細かいところは刷毛で掃け

 

センターコンソールや、ドリンクホルダ・小物入れなどの細かいところのスキマやフチにゴミがたまってませんか?

 

そういうゴミは刷毛で掻き出して、雑巾や掃除機で除去しましょう。

 

車は何かと細かくて掃除がしにくい部分が多いです。

 

刷毛は大きいものと小さいものがあると便利ですね。
どちらも100円均一で手に入ります。

 

Dシートやハンドルは薄めた洗濯洗剤が活躍

 

シートやハンドルまた、内張りなどのファブリックや皮の部分をキレイにするには洗濯用洗剤が活躍します。

 

選択用洗剤を薄めてマイクロファイバークロスに染込ませて軽く絞って拭き掃除します。

 

水拭きより一段とキレイになる上に、洗濯用洗剤の効果で除菌が出来ます。

 

洗濯用洗剤は家に必ずあると思うのでやってみましょう。

 

 

車の内装掃除は5つの道具で簡単にキレイになる

 

車の内装は5つの道具があれば簡単にキレイに出来ます。

 

小まめに掃除するのであれば、コロコロと拭くだけシートを使えば大体キレイに出来るので常に車の中に積んでおいてもいいでしょう。

 

 

より頑固な汚れを落とすには

 

ここで解説したのは、定期的なメンテナンスで日常的な汚れをキレイにするという方法です。

 

より頑固な汚れをキレイにするならコチラのサイトが大変詳しく解説しているのでオススメです。

 

参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ