お金が無い!?車の維持費をどうにか安くする方法ー車を最も安く持つ方法ー

急な事で収入源がなくなったりすくなくなったり、車以外のことにもっとお金をつぎ込みたかったり、子供が出来て車にお金が使えなくなったり・・・・様々な理由で車にお金をかけるのを止めたくなる事があるでしょう。

 

ですが、車がないと生活に支障が出る地方では車を持たないという選択が出来ないのが現実です。

 

なので、いかに車の維持費を安くあげて車にかかるお金を小さくするかという事が必要です。

 

徹底的に車にかかるお金を減らす方法をご紹介していきます。

 

ー車にかかかるお金の事ー

 

 

 

 

まずは、車にかかるお金にはどのような種類があるのかをまとめていきます。

 

・車両代
・燃料代
・メンテナンス費
・タイヤ代
・駐車場代
・車検代
・任意保険料

 

普通に車に乗っていたら大きく分けてこの7種類の費用が発生します。

 

つまり、この7種類の費用のひとつひとつを極限までに小さくしていけば、車を安く持つ事ができるようになるんですね。

 

では、1つずつ極限に小さくしていく方法をご紹介します。

 

車両代を極限まで節約する方法

 

車両代を極限まで節約するのは、ズバリ安い車を買う現金一括で買う。

 

コレに尽きます。

 

ですが、ただ安い車を買っただけでは「安物買いの銭失い」になってしまいますので、
「安い上にお金がかからない車」を選ぶ必要があります。

 

まず、お金がかからない車の条件として考えられるのは

 

・車両価格が安い
・燃費が良い
・必要なエンジンオイルの量が少ない
・タイヤが小さい
・軽自動車である
・壊れ難い

 

といった条件を満たした車です。

 

この条件を満たせば極限までお金のかからない車と判断できます。

 

では、ひとつひとつの条件について詳しく解説していきます。

 

車両価格を安く抑える方法

 

車でなんだかんだいっても一番お金がかかるのは車両の購入費用です。新車なら何百万円もの大きい買物になるので当然ですね。

 

なので、ここをまず大きく抑えるのが安くするポイントです。いくら維持費がかからないハイテクな車でも車両価格が500万とかなら意味がないんです。

 

なので、まず車両価格が安い事が大前提です。

 

という事なので、購入車両は中古車にしましょう。

 

・燃費が良い

 

日常的にかかる費用として一番目につきやすいのが燃料代です。走行距離にもよりますが、燃費が大幅によくなれば燃料費が以前の半分以下になった!というケースも珍しくありません。ハイブリッド車やクリーンディーゼル車は燃費がよく燃料費がかからないので人気ですが、車両価格が高いので今回はNGです。

 

・必要なエンジンオイルの量が少ない

 

エンジンオイルの量によって、一回のエンジンオイル交換での費用が代わります。

 

エンジンオイルは1年に1回か2回はしなければならないメンテナンスなので、エンジンオイル交換にかかる費用が安くなるとかかる費用が安くなりますね。

 

・タイヤが小さい

 

車のタイヤは非常に高価なものです。ですが、車のタイヤは小さければ小さいほど安いです。

 

軽自動車の一般的なタイヤと普通自動車の17インチタイヤとを比べると5倍の差があるなんて事もよくあります。

 

タイヤは永久に使えるものではなく、消耗品なので出来るだけ安いものがいいですね。

 

・軽自動車である

 

軽自動車は税金の面で非常に優遇されています。

 

H27年の税制改定で値上がりしましたが、それでも普通自動車に比べれば遥かに安いです。

 

維持費のかからない車に乗るなら軽自動車1択です。

 

・壊れ難い

 

いくら、他の条件を全て満たした車でも20万km走行した超過走行車両や、そもそも設計的に壊れやすかったり古くてあちこち痛んで交換が必要な車を買ってしまうと車両代金より修理代が高くついた!なんて事も非常に良くあることです。

 

車両価格が多少高くなっても壊れにくいできるだけ新しく状態のいい中古車を選ぶ必要があります。

 

ーオススメの中古車ー

 

条件は分かったけど、そんな車どうやって見つけたらいいかわかならい!という事になりますし、探すのは大変手間ですから一例として車にかけるお金を最大限に少なくするならコレ!といったオススメの車をご紹介しておきます。

 

オススメの車は・・・・スズキ アルトです。

 

 

 

 

スズキ アルトは新車価格が既に安く中古車の数も多い上に燃費も良いという、超経済的な車です。

 

軽自動車でエンジンオイルも3Lでいいのです。壊れ難いと評判のスズキの軽自動車なので耐久性もあります。

 

タイヤも、小さい規格です。

 

車にかかるお金を極限に小さくしたいのなら、アルトが一番です。

 

アルトの中古車を選ぶ上でチェックするポイントは以下の通りです。

 

年式

 

年式は出来るだけ新しい方がいいです。ですが、新しい車両になればなるほど新車価格とそう変わらない価格になります。

 

本気で安い車両を買うなら10年落ち車両が狙い目です。私も数々の中古車を乗ってきましたが、10年落ちの車でもすぐ壊れると言うことは無かったです。

 

キチンと状態のいい車を選べば、10年落ちは非常にお買い得です。

 

走行距離

 

走行距離=使用頻度、使用量です。それなりに走っている車はそれなりに使われているためあちこちが消耗しています。

 

使われていなくても劣化する部分はありますが、使われているより使われていないほうが状態として良いのは当然ですね。

 

なので、走行距離が短い車両にしましょう。多くとも3万kmぐらいまでがいいでしょう。

 

5万km越えだと、タイミングベルト交換目安の10万kmまで少しというとこに来るので、使用頻度によってはあっという間にタイミングベルトを交換する必要がでてきます。

 

現車の状態

 

中古車を買うときは必ず現車をチェックしましょう。内装の状態やエンジンルームのキレイさでどんな扱いをされた車かわかります。

 

エンジンオイルキャップをはずして、付着しているオイルの色を見たりするのもアリですね。

 

あまりにドス黒いオイルがついている場合、あまりエンジンオイル交換をされていなかった車両という場合もあります。

 

また、内装が汚いということは前オーナーがそれだけ荒い扱いをしていたという事になります。

 

そんな、オーナーがクルマを大事にしていたわけが無いので避けたほうがいいでしょう。

 

見た目にキレイな車なら100%いい状態の車とはいえませんが、その可能性は断然高いです。

 

修復歴

 

修復歴のある車は非常に安いですが、リスクがあります。

 

軽いフレーム修正で済んだ車から大幅フレーム修正が必要だった車まで幅広く存在します。

 

どの程度の事故でどの程度破損していたのかは、見た目では素人はわかりません。

 

なので、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

 

修復歴アリの車は故障のリスクが高い場合がおおいです。逆に、そのリスクを考慮してでも修復歴アリの車を買うという選択もありです。

 

運よく軽度の修復で済んだ車が見つかれば相場よりかなり安く買う事ができます。

 

乗りつぶすのですから、売却時の査定ダウンも考えなくていいのでこの手がつかえます。

 

10年落ちアルト、修復なし、3万km未満ならコミコミ20万ほどで十分購入可能です。

 

アルトを購入すれば、車の維持費を極限に抑える条件である

 

・車両代
・燃料費
・メンテナンス代
・タイヤ代
・車検代

 

 

を節約するという条件は有る程度クリアできます。

 

ですが、クルマを維持費のかからない車に買えるだけでは極限まで抑えたとはいえないため、ここからさらに工夫で維持費を抑えていきます。

 

 

燃料費を安く抑える方法

 

日常的にかかるコストで一番目立つのが燃料費です。

 

この燃料費を安く抑える事で毎月の出費を抑える事ができます。

 

金額は大きくないですが、燃料費を少しづつでも節約すれば1年間の累計燃料費などのトータルで大きく変わってきます。

 

燃料費を安く抑えるコツは少しづつコツコツです。

 

燃料費を安く抑えるには?効果が高い方法ランキング

 

燃料費を安く抑える方法を効果が高い順にご紹介していきます。

 

1位 安くて寄りやすいガソリンスタンドを見つける

 

ガソリン価格はガソリンスタンドによって結構違います。私の地元では、最安値のスタンドと平均価格のスタンドでは1リットルあたり8円ほど違うこともよくあります。

 

結構大きく違いますよね。平均燃費20km/?の車に乗っていたとして、年間1万5千km走行すると年間6,000円の差になります。

 

6,000円って結構大きいですよね。

 

1回1回の差は小さいですが、累積するとなかなか馬鹿に出来ない差になります。

 

出来るだけ安いガソリンスタンドを見つけましょう。

 

ただし!

 

ただ、安いガソリンスタンドを見つけるだけではダメです。

 

安くて、寄りやすいガソリンスタンドでないとダメなんです。

 

なぜなら、いくらガソリンが安くても家から遠かったり、わざわざガソリンを入れるためだけにそのスタンドに10分や20分かけていかなければいけなかったりでは、ガソリンスタンドに行くまでに余計な燃料を使ってしまうので意味がないですね。

 

なので、通勤途中や家の近く、日常の買物に行く途中やお店の近くにある安いガソリンスタンドを探しましょう。

 

経済的な給油のコツは、行きがけ・帰りがけに給油するという事です。

 

反対を言えば、ガソリンを給油する為だけに車を出来るだけ走らせるなと言うことになります。

 

2位 アクセルワークは丁寧にする

 

急発進急加速は余分な燃料を使います。できるだけ、優しく丁寧にアクセルを踏むことを意識しましょう。

 

私の体感では雑に運転した時と、気をつけて運転した時では燃費が10%以上違いました。
 
丁寧なアクセルワークの為に気をつけるポイント

 

・急発進をしない、発進時はじわっとアクセルを踏む
・急加速はしない、アクセルはゆっくり踏んで加速させる
・車間距離を開ける

 

とにかく無駄にエンジンを回して燃料を使わないことを意識しましょう

 

3位 車間距離を開ける

 

安全運転の為にも重要ですが、燃費の良い運転にも重要です。車間距離がつまると、どうしても無駄にブレーキを踏んだりアクセルを踏んだりと加速減速する頻度が上がります。

 

極力一定速度で走った方が燃費がいいので、車間距離を開けるようにしましょう。

 

4位 車にはあまり荷物を載せたままにしない

 

車に荷物をのせたままにしておくと、車全体の重量が重くなり燃費が悪化します。出来るだけ車の中にはものを余分に乗せないようにしておきましょう。

 

5位 タイヤの空気圧を適切に高めに設定する

 

タイヤの空気圧を高めにしておくと、転がり抵抗が少なくなり燃費が良くなります。適正範囲内で高めに設定するといいでしょう。

 

メンテナンス費を安く抑える方法

 

車にできるだけお金をかけないためにも、メンテナンスはちゃんとやっておく必要があります。

 

メンテナンスをおざなりにして、車の寿命が短くなったり、急な故障を起こしたり、燃費が悪化したりすると余計にお金がかかってしまいます。

 

車にお金をかけないのなら、1台の車を極限まで長く乗るのが一番お金がかかりません。

 

できるだけ、長く乗るためにもメンテナンスは行いましょう。

 

ですが、メンテナンスも何の工夫もせずに全て業者に丸投げしていたのでは、費用がかさんでしまいます。

 

メンテナンスは出来るだけDIY、自分でやりましょう。

 

初心者でもやりやすいメンテナンスは

 

・洗車
・オイル交換
・オイルエレメント交換
・クーラント交換
・タイヤ交換
・タイヤの空気入れ

 

ぐらいでしょう。

 

できるだけ、メンテナンスを自分で行う事で工賃を浮かせます。

 

車の整備費用の大半は工賃ですから、工賃を浮かすことでかなり節約ができます。

 

 

タイヤ代を安く抑える方法

 

車の消耗品の中でも高価なのがタイヤです。

 

また、タイヤの性能は燃費や車の安全性にも直結する為、あまり安すぎるものを選ぶのは良くないです。

 

コストパフォーマンスが高いタイヤを選びましょう。

 

アジアンメーカーのタイヤは安くてコストパフォーマンスの高いものが多いです。

 

国産タイヤに比べると静寂性に欠けますが、価格がかなり安くそれなりに耐久性もあります。

 

韓国製のハンコック
台湾製のフェデラル

 

が有名で安いです。

 

また、タイヤのサイズはできるだけホイールは小さいほうが安いです。

 

インチダウンする必要はないですが、新しくスタッドレスタイヤが必要なら、できるだけ小さいサイズのホイールを選ぶと安く上がります。

 

スタッドレスタイヤはアジアンタイヤでは少々不安ですので、国産タイヤを選びましょう。

 

豪雪地帯なら価格は考えず、ブリジストンブリザックがやはり高性能ですのでブリジストンブリザックがオススメです。

 

あまり雪は降らないが、時々積もるような地域ではコストパフォーマンスの高い

 

グッドイヤーのアイスナビゼアUがオススメです。

 

私自身、時々しか積もらない地域で生活していますがアイスナビゼアUで十分です。雪が積もっても問題なく坂も上りますし止まります。

 

価格が非常に安いのでおすすめです。

 

そして、メンテナンス費を抑える項目でも書きましたが、タイヤ交換は自分でしましょう。ジャッキとレンチさえあれば簡単に出来ます。

 

車検代を安く抑える方法

 

車検代を安く抑える方法は大きく分けて2つ方法があります。

 

・車検費用が安い車検専門業者に依頼する
・ユーザー車検で車検を通す

 

の2つです。

 

ハードルが低く、誰にでも出来るのは

 

車検費用が安い車検専門業者に依頼する事です。

 

大手の車検専門の整備業者が全国展開されています。

 

非常に価格が安いので地元の安い業者を探して依頼しましょう。

 

ディーラーなどで車検を通すよりかなり費用を抑える事ができます。

 

車検のコバックなどが有名です。

 

 

究極に車検費用を抑えなら、ユーザー車検です。

 

ユーザー車検とは、自分で車を陸運支局に持ち込んで自分で車検を通すことです。

 

車屋の知り合いがいたり、DIYでの整備に自信があればチャレンジする価値ありです。

 

 

任意保険料を安く抑える方法

 

車の維持費の中でかなり多き割合を占めるのが、任意保険料です。

 

任意保険料を節約する事で年間の車にかかるお金を大きく減らす事ができます。

 

任意保険料を安く抑えるコツは簡単です。

 

自動車保険一括見積もりサイトを利用すればいいんです。

 

自動車保険一括見積もりサイトを使えば、ダイレクト型の安くていい保険がすぐに見つかります。

 

簡単な情報入力だけで、まとめて見積もりができますし比較もできます。気に入れば、そのまま申し込みも可能です。

 

代理店や保険窓口を通した保険より、ネットでダイレクト契約する保険の方が遥かにやすいです。

 

私自身、代理店型保険からダイレクト保険に切り替えたら同じ条件で6万円の保険料がやすくなりました。

 

ダイレクト型の保険は、対応が心配・・・という声も聞きますが私が軽い接触事故を起こしてしまった時の経験から言うとダイレクト型だからと言って対応が悪いという事はありませんでした。

 

電話対応も丁寧でしたし、対応も早くスムーズに解決しました。

 

対応が不安で、ダイレクト型をためらってるのなら考え直した方がいいです。年額何万円も安くなるのですから非常にお得です。

 

私はもう正直代理店型にはもどれません(笑)

 

車にかける費用を抑えるならダイレクト型保険への切り替え・加入は必須です。

 

この節約方法は今すぐ出来るので、試しに見積もりしてみましょう。

 

自動車保険一括見積もりサイトはコチラ

 

 

 

 

 

自動車保険の車両保険に入らなければさらに安く!

 

自動車保険料をさらに節約するには、自動車保険の車両保険に入らなければさらに安くできます。

 

ただし、以下のような場合は車両保険ははずさないほうが無難でしょう。

 

・車をローンで購入している
・貯蓄が十分に無い

 

いざ、車が壊れて走行不能になり新しく買い換える必要や、修理が必要になった場合に車両保険に入ってなければ車に対する保険金がでないので困った事になります。

 

車両保険は欲しいけど、できるだけ保険料は安く抑えたい・・・・・という場合

 

車両保険のエコノミータイプというのを選択するのもいいでしょう。

 

どこの保険会社にもあるものではないですが、エコノミータイプといって補償条件を限定的にした車両保険を提供している保険会社があります。

 

エコノミータイプなら3割ほどやすいので、保険料のさらなる節約ができます。

 

ーーーーーま  と  めーーーー

 

これまで、様々な方法で車にかかるお金を極力減らす方法を説明しました。

 

今すぐにでも取り掛かれるものからそうでないものまであります。

 

今すぐに出来る事は、保険の一括見積もりです。

 

保険の一括見積もりは無料サービスなので、ためしに利用してみましょう。

 

次回の保険料から大幅に節約できるでしょう。

 

そして、維持費を抑える最大のポイントはやはり、

 

維持費のかからない車を選ぶという事に尽きます。

 

いくら、様々なほうほうで維持費の節約をしたところで、維持費で大きな割合を占める自動車税と任意保険料が節約できなければ維持費を安くする事ができないんです。

 

自動車税と任意保険料を安くするには、軽自動車への乗り換えが効果バツグンです。

 

自動車税は1万円以下ですし、任意保険料は全車統一で安いです。

 

車の維持費を節約したいのなら、軽自動車へ乗り換えしましょう。

 

賢く経済的に乗り換えをするなら、車を高く売りましょう。

 

今の車を高く売れれば、それだけ次の車を安く買えます。

 

間違ってもディーラーへ下取りに出してはいけません。

 

まずは、自分の車が何円の価値が有るのか調べてましょう。

 

調べ方は簡単で、車一括査定サイトを使えばものの1分ほどでできてしまいます。

 

↓一括査定はこちらです↓

 

 

 

車一括査定サイトは、車の相場を知るだけではなく、そのまま高く売れる業者を探す事もできます。

 

車にかけるお金を極限まで減らしたい人にオススメのスズキアルトは中古車ならかなり安く買えるため、あなたの今乗っている車の買取価格より安い金額で買える可能性も十分にあります。

 

できるだけ、高く売って差額が出れば儲けですからできるだけ高く売りたいですね。

 

車一括査定サイトを使えば誰でも簡単に高額査定が実現します。

 

利用料は無料なので、試してみましょう。

 

この記事を読んだ人はこんな記事を書いています

 

車の乗り換えのタイミングはいつ?10年落ちや10万km越えの乗り換えは廃車しかない?

 

はじめての車選び・・最初の一台の選び方

 

査定を受ける前に準備しておくべき5つの事 

 

損しない車を売る時期の見極め方

 

車を下取りに出す人は査定額を見て相場を知っておこう

 

査定を受ける前に準備しておくべき5つの事

 

車を売る時の5つの注意点を解説!

 

少しでも高く車売る為に自分で出来る査定UP方法

 

車どこで売るのがベストなのか?ケース別に徹底解説

 

査定士はココを見ている!車を売るなら知っておきたい査定のポイント

 

ここを見れば一発!車買取業者の特徴とクチコミを一挙まとめ

 

本査定の前に!中古車査定士がチェックするポイントを知っておこう

 

車売る&下取りに必要な書類一覧と書類の解説

 

要らなくなったOR故障した車をスマートに処分する方法

 

要らなくなった車を解体して廃車にする 永久抹消登録のやり方

 

車を売ったら先払いしている自動車税はどうなる?

 

社外品マフラー交換後の純正マフラーは処分すべきか?

 

女性に聞いた!こんな車はいやだ!ドライブデートで乗りたくない車の特徴

 

モテる人はやっている?助手席でさり気なく出来るドライバーが喜ぶアレコレランキング

 

マフラー交換をするメリットとデメリット

 

事故車・不動車は処分費用を払うな!買取専門業者へ売るのが一番お得! 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ