車の乗り換えのタイミングはいつ?10年落ちや10万km越えの乗り換えは廃車しかない?

 

 

車の寿命は10年又は10万kmと言われていますが、これは現代の車には当てはまりません。

 

現代の車は技術の発展と進化により昔の車より遥かに頑丈に出来ています。

 

なので、10年経った・走行距離が10万kmを超えたといってもまだまだ現役で走り続ける事ができます。

 

中には普通のガソリン乗用車で20年落ちの車を40万km乗っているような人もいます。

 

メンテナンスや修理をキチンとしていれば、とても長く乗る事ができるほど頑丈なのが現代の車なんですね。

 

なので、10年経った・走行距離が10万kmを超えたといっても買い替える必要はないんです。

 

しかし、現代のドライバーも10年経った・走行距離が10万kmを超えたら買い替え時という考えが多いというのも事実です。

 

では、なぜ、10年・10万kmがひとつの買い替えの基準となっているのでしょうか

 

10年・10万kmが買い替えの基準となっている理由

 

・昔は10年10万kmが車の寿命だった
・10万kmでタイミングベルトの交換時期が来る
・経年劣化で消耗パーツの交換などで修理する機械が増える
・売却価格がガクッと安くなる

 

 

昔の車は実際に10年10万kmも使用すれば寿命が来ていました。

 

その名残が今でも残っているというのが1つの理由です。

 

さらに、走行距離が10万kmを超えたら重要な部品であるタイミングベルトが寿命を向かえます。

 

タイミングベルトを交換すればまだまだエンジンなどは元気ですから、走ることができますが、タイミングベルトの交換には工賃とパーツ代でおおよそ10万円ほどかかります。

 

「10万修理賃がかかるなら買い替えよう」

 

という人が多いので、10万kmが買い替え時と考えている人も多いようです。

 

現代では、タイミングベルトではなくタイミングチェーンを使った10万km越えでも交換しなくていいエンジンを搭載している車もあります。

 

ホンダのK20A型エンジンはこのタイミングチェーンを採用しており、タイミングベルト交換の必要がありません。

 

また、タイミングベルトだけでなく、10年10万kmを超えた車は大事にしていても塗装や内装などに経年劣化によるダメージが現れているでしょう。

 

だんだんと古さが目立ってくる時期ですから、「車を買い替えたい」と考える人が多くなるのも原因です。

 

 

長く使っていると各パーツにも経年劣化が起こっています。ウォーターポンプのホースやブーツの破れなどの故障もちょくちょく現れるでしょう。そのため、これまでより修理代がかさむので「修理代を払うぐらいなら新しい車にしたい」と思う人も多いようです。

 

 

さらに、売却価格も10年10万kmを超えるとガクッと安くなります。10年落ち、10万km越えの車は中古車市場でユーザーに敬遠されるのが原因です。

 

 

なので、10年・10万kmを超えて価値が激減する前に「車を売ってしまおう」と考える人も多いです。

 

10年越え・10万km越えで買い替え時となった車の処分は?

 

では、いざ買い換えようと思った時に、ディーラーで次の車の話を進め今の車を下取りに出そうとした場合、10年越え10万km越えの車両は状態によっては下取りしてもらえない可能性があります。

 

引取して貰ったとしても、0円もしかしたら、廃車費用を請求されるかもしれません。

 

ディーラーに下取りできる価値が無い、廃車しかないと判断された車をそのまま引き渡すのはNGです。

 

下取り価値ナシと言われた車でも、車買取専門業者に売るなら価値をつけて買取りして貰えるかもしれません。

 

まずは、買取可能な業者を探す必要があります。

 

圏内の車買取専門業者を回って買取り可能かどうか聞いて回るのでもいいですが、非常に手間と時間がかかります。

 

出来るだけ、手間をかけずに短時間でラクチンに業者探しをしたいなら、車一括査定サイトをつかいます。

 

車一括査定サイトを使えば、1分程度のかんたんな入力をするだけで複数の業者に一度でアナタの車の情報を流し、買取できる業者を探す事ができます。

 

車一括査定サイトの定番!「ズバット車買取比較」を見てみる

 

車一括査定サイトなら、買取可能な業者を探す事ができる上に最も高く買取りしてくれる業者を探す事ができます。

 

せっかくの車をタダで引き取りしてもらったり、有料で廃車にして貰うのは非常にもったいないです。

 

まずは、車一括査定サイトを使って買取してくれる業者を探してみましょう。

 

車一括査定サイトの使い方はこちら

 

車一括査定サイトでも買取してくれる業者が見つからなかった場合

 

車一括査定サイトを使えば圏内の複数の車買取専門業者宛に一斉に買取依頼を出す事ができますが、車によっては買取してくれる業者が見つからない場合もあります。

 

「やっぱりこの車は廃車にするしかないのか・・・・・」

 

とあきらめるのはまだ早いです。

 

車買取専門業者の中には、事故車・故障車・廃車専門の買取業者があります。

 

事故車買取専門 タウ

 

年間5万台以上の買取実績をもち、メディア掲載実績も多数ある事故車専門買取業者の大手業者。

 

24時間相談窓口や全国18支店・120名のスタッフによる出張査定で徹底したサービスが特徴です。

 

出張査定・車両引取手数料は無料なので、気軽に利用できます。

 

タウは海外への販路を広くもつため、他の買取専門業者が価値をつけて買取りが出来ない車も価値をつけて買取りができるます。

 

 

廃車買取専門 カーネクスト
 

 

全国トップクラスの廃車買取価格で人気のカーネクストです。

 

申し込みから廃車手続きまで全てを完全無料化しており、365日いつでも専門スタッフによるサポートを受けられる業界でも屈指のサービスが特徴です。

 

全国トップクラスの廃車買取価格を実現している秘訣は、その独自の販売ルートにあります。

 

海外はもちろん、国内にも鉄資源として、パーツとしての再利用などのありとあらゆる方法で車をリサイクル・販売しています。

 

過走行車も、古い車も0円以上で必ず買取してくれるので、廃車にするより必ずお得です。

 

 

両者は、普通の車買取専門業者が買取り拒否するような車両でも買取してくれるのが特徴です。

 

車一括査定サイトを使っても買い取ってくれる業者が見つからなかった場合、タウやカーネクストのような特殊な買取専門業者に依頼するとほとんどの車両の買取が出来ます。

 

両者とも出張査定に対応しているので、自走不可な車でも問題なく売る事ができます。

 

もちろん、車の引き取り費用も無料です。

 

廃車にすると、廃車代行手数料や車の引き取り費用が必要になってしまいます。
ところが、車を売却すれば、車の引き取りも無料でさらに車両の売却代金ももらえます。

 

もちろん、出張査定費などの諸経費は完全無料ですから、廃車にするより断然お得ですね。

 

 

中古車選びをするときにまずするのが、車種選びですね。

 

 

車種を選んだ後はボディカラーを選んでどんな装備がついているのが良いのか決めます。

 

そして実際にその条件に合う車で状態の良いものを探そうと思った時に検索する条件が・走行距離が少ない・修復歴が無いというところで絞り込んでいきます。

 

修復歴が有る車というのは、以前のオーナーが事故を起こしてクルマに甚大なダメージだあったという事ですから、事故にあった車両に乗るのは気分的にあまりよく無いですし、車のゆがみは思わぬ故障にも繋がります。

 

また、修復がキチンとなされていない可能性があったりとリスクが多いのであまり選びたくは無いですね。

 

そして、走行距離は車の状態を示す大きな役割を持つ目安です。

 

走行距離は少なければ少ないほど単純に使用されていない事が予測できますし、使用していない分キレイである事が予測できます。

 

車はあまり乗らない期間が長いと調子が悪くなると言いますが、毎日乗って10万km走った・たまに乗って3万km走ったというのであれば後者の方が状態は良いでしょう。

 

車も物ですから、使用すれば消耗します。

 

そしてその使用頻度をあらわすのが走行距離なんですね。そしてユーザーは走行距離は10万kmを超えると悪い印象をもちます。

 

中古車サイトを見てみてもやはり10万kmを超えた走行距離の車はかなり安い相場で取引されています。

 

いくら、10万km超えてもまだまだ元気に走ると言われても、10万kmも使用された車を欲しいという人はあまりいないようです。

 

なので、10万km超えている車は業者としても売り難い、という事は業者としても10万kmを超えた車はあまり仕入れたくないのが現状です。

 

ですが、状態さえよければ10万km超えていても調子の良い車も沢山あります。

 

そんな掘り出しものを探して10万kmを超えた車を買う人もいますし、パーツ取り様に安く車を買いたい人も居るんです。

 

「10万km超えてるし古いからもう売れない」と考えるのは損な考え方です。

 

下取り拒否だからと言って「売れない車」とは限らないんです。

 

あなたのその車を欲しいという人が世の中には必ず居ます。

 

そんな人にあなたの車を直接売って上げれれば良いでしょうが販売チャンネルを持たない一般ユーザーには到底無理な話です。

 

ですから、中古車買取専門業者に買い取って貰って手放したいあなたと欲しいあの人の橋渡しをして貰えばいいんですね。

 

そこで、必要となってくるのが買い取ってくれる業者を探す事です。下取り拒否された・下取りで値段がつかない車という事は皆が皆価値を見出せる車ではないという事です。

 

価値を見出せる業者を探すには出来るだけ多くの業者にあなたの車の情報を渡してあげる必要があります。

 

沢山の業者に渡してあげればその中かから買取可能な業者が見つかるでしょう。

 

車一括査定サイトを利用すれば、一度の情報入力で沢山の業者に車の情報を渡すことができます。

 

そして、買取可能な業者は仮見積もりという形で買取り出来る金額を提示してもらえます。

 

その金額に納得がいけば出張査定を依頼して車を見てもらい売れば良いでしょう。

 

もし、どこの業者からも買い取り可能という返答が無かった場合は、最終手段として、廃車・事故車・故障車専門の買取専門店に出張査定依頼をしましょう。

 

特殊な買取専門業者でどんな車でもたいてい買取してくれます。

 

出張査定料も車の引き取り費用も無料なので、最悪買取価格がどんなに安くなっても無料で車を処分する事が可能です。

 

「下取りできないって言われたか廃車にするしかない」
「廃車費用を請求されたけど出費はイヤだな」
「おれの車は古いしボロイから売れるわけない」

 

と考えているなら!まずは車一括査定サイトを利用して、本当に買取して貰えないのか?試して見ましょう。

 

車一括査定サイトは無料で利用できるので、気軽に使えるのが魅力です。

 

車の廃車を考えるぐらいなら、車一括査定サイトを使っての車の売却にチャレンジしてみましょう!

 

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます

 

損しない車を売る時期の見極め方

 

車を下取りに出す人は査定額を見て相場を知っておこう

 

査定を受ける前に準備しておくべき5つの事

 

車を売る時の5つの注意点を解説!

 

少しでも高く車売る為に自分で出来る査定UP方法

 

車どこで売るのがベストなのか?ケース別に徹底解説

 

査定士はココを見ている!車を売るなら知っておきたい査定のポイント

 

ここを見れば一発!車買取業者の特徴とクチコミを一挙まとめ

 

本査定の前に!中古車査定士がチェックするポイントを知っておこう

 

車売る&下取りに必要な書類一覧と書類の解説

 

要らなくなったOR故障した車をスマートに処分する方法

 

要らなくなった車を解体して廃車にする 永久抹消登録のやり方

 

車を売ったら先払いしている自動車税はどうなる?

 

社外品マフラー交換後の純正マフラーは処分すべきか?

 

女性に聞いた!こんな車はいやだ!ドライブデートで乗りたくない車の特徴

 

モテる人はやっている?助手席でさり気なく出来るドライバーが喜ぶアレコレランキング

 

マフラー交換をするメリットとデメリット

 

事故車・不動車は処分費用を払うな!買取専門業者へ売るのが一番お得! 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ