くすみや黄ばみで汚くなったヘッドライトをキレイにする方法

 

車のヘッドライトが黄ばんでいたり、くすんで濁っていると車は古くて汚く見えてしまいます。

 

また、ヘッドライトが汚れる事で元々の光量を十分発揮できず夜の運転時の視界不良にもつながります。

 

屋外保管している車は特に紫外線の影響が強く新車から6年経過したぐらいで段々と黄ばみはじめます、中古車を買っている場合最初から黄ばんでいたという事も少なくありません。

 

ヘッドライトが時間が経つと汚くなってしまう原因

 

ヘツドライトも新車の頃は特に何もせずとも綺麗な状態をキープできていたでしょう。

 

ですが、時間が経つと段々と黄ばんだり、くすんだりし始めます。

 

この原因はヘッドライト表面のポリカーボネイトという層が紫外線などの影響で劣化し、焼けてしまうことです。

 

現代の車のほとんどが、ヘッドライトに樹脂を使っている為、くすみや黄ばみがでやすくなっています。

 

ヘッドライトをキレイにする方法

 

ヘッドライトを綺麗にする方法は大きく分けて2つの方法がありあます。

 

1つは、ヘッドライトを新しいものに交換する
 
という方法です。

 

ヘッドライトを新品の純正品又は社外品に交換すれば、間違いなくキレイになります。

 

この方法なら、最初のコストは高くつきますがその後も、頻繁にメンテナンスしなくても長い間キレイな状態を保てます。

 

費用は車種にもよるでしょうが、およそ10万円ぐらいだと思います。
ヘッドライトを交換する際は、ディーラーやメーカーにヘッドライトを注文して、自分で交換するか、整備工場に車を持ち込んで交換してもらうかのどちらかになります。

 

自分でやれば工賃はかかりませんが、工具などが必要ですし、光軸がズレると調整が大変です。

 

整備テクニックを学びたい人はチャレンジしてみましょう。工場に任せれば工賃はかかりますが、手間と時間がかかりません。

 

今の車に永く乗り続けたいと思っている人には、ヘッドライト交換をオススメします。

 

 

2つ目は、ヘッドライトを磨くという

 

方法です。

 

ヘッドライトの表面にできたくすみや黄ばみを、研磨剤や耐水ペーパーなどで削ってキレイにします。

 

こちらの方法は、コストがかからないので万人にオススメできます。初期投資も少なく、時間もそうかかりませんからぜひチャレンジしてみてください。

 

では、こちらの方法を詳しく説明します。

 

 

DIYでヘッドライトを磨いて綺麗にする方法

 

 

作業を始める前に準備しておくもの
 
・ピカール(研磨剤)
・ウエス
・マスキングテープ

 

あると良いもの

 

・ヘッドライトコーティング剤
・ポリッシャー
・シリコンオフ

 

ヘッドライトクリーニングの作業手順

 

作業手順

 

  1. ヘッドライトのホコリや汚れを洗い流す
  2. ヘッドライトの周りをマスキングする
  3. ウエスにピカールを付けて、ヘッドライト表面を磨く
  4. 黄色い汚れが出なくなるまで磨く
  5. 綺麗なウエスでしっかりと拭き取る

 

 

1、ヘッドライトのホコリや汚れを洗い流す

 

 いつもの洗車と同じように水をかけて、スポンジで汚れを落とし、クロスで拭き上げて綺麗にします。

 

2、ヘッドライトの周りをマスキングする

 

 研磨剤がボディやゴムパーツに付かないようにしっかりマスキングします。

 

3、ウエスにピカールを付けて、ヘッドライト表面を磨く

 

ピカールを使う前に良く振りましょう。
研磨液を混ぜてからウエスに10円玉1枚分ぐらい研磨剤(ピカール)をつけて、ヘッドライトを円を描く様に磨きます。

 

4、黄色い汚れが出なくなるまで磨く

 

研磨剤を少しづつ足しながら磨き、黄色い汚れが出なくなる迄磨き続けます。
この作業は電動工具のポリッシャーを使えば簡単かつすばやく出来ます。
ポリッシャーが無くても作業は十分可能です。
この先、車のコーティングを自分でしてみたいという人はポリッシャーを購入してもいいでしょう。

 

5、綺麗なウエスでしっかりと拭き取る

 

最後に、綺麗なウエスやクロスで残った研磨剤を綺麗に拭き取ります。

 

ここまでの手順で、ヘッドライトは綺麗になります。
ですが、ピカールで磨いただけだと、またすぐに黄ばんでしまいます。そこで、綺麗な状態を維持したいなら研磨後にコーティングすることをオススメします。

 

車の査定前に一時的で良いのでキレイにしたいというのなら、ヘッドライトクリーニングまでで十分でしょう。時間にしておよそ10分ほどあれば出来る作業です。

 

 

オススメのコーティング剤

 

 

ヘッドライトコーテイングの手順

 

  1. ヘッドライト周りをマスキングする
  2. ヘッドライトを脱脂する
  3. ヘッドライトを拭き上げる
  4. ヘッドライトコーティング剤を塗る

 

 

1、ヘッドライト周りをマスキングする

 

ヘッドライト周りのボディやゴムパーツに脱脂剤やコーティング剤が付かないようにマスキングしておきます。

 

2、ヘッドライトを脱脂する

 

シリコンオフなどの油分を取るスプレーでヘッドライト表面の油分を完全に取り去ります。

 

この工程は無くても大丈夫ですが、しっかり脱脂することでコーティング剤のノリが良くなります。

 

3、ヘッドライトの表面を拭き上げる

 

ヘッドライト表面にほこりやゴミなどが、付いていたら綺麗にコーティングできないので今一度クロスなどで拭いてきれいにしておきます。

 

 

4,ヘッドライトコーティング剤を塗る

 

コーティング剤を塗ります。コーティング剤の説明書を良く見て正しい使い方をしましょう。

 

これで、ヘッドライトクリーニングは完了です。この方法でコーティングを行えば、半年ほどは綺麗な状態が続くでしょう。

 

業者に依頼して、ヘッドライトクリーニングとコーティングを依頼すると両目で3万ほど費用がかかりますが、とても綺麗になりますし1年ほど持続します。

 

自分でやる自身のない人や、面倒くさいという人は近くのガソリンスタンドやカーショップに問い合わせて見ましょう。

 

 

ヘッドライトクリーニングに必要なもの

 

・研磨剤(ピカール)
・マスキングテープ
・ウエス
 
ヘッドライトコーティングに必要なもの
 
・脱脂剤
・コーティング剤

 

あると便利なもの

 

・ポリッシャー

 〜ボディとおなじ液体コーティング剤だとダメ?〜

 

ボディに噴きかけて拭くだけの車体用液体コーティング剤でヘッドライトのコーティングはあまり効果がありません。

 

皮膜が弱いので、すぐに剥がれてしまいますので、コーティングの狙いである、「永く綺麗な状態を保つ」事は出来ません。

 

ですが、液体コーティング剤を施行してすぐはツヤが出てよりキレイになりますので、査定前に綺麗にするなら効果的でしょう。

 

 この記事を読んだ人はこんな記事を読んでます

 

損しない車を売る時期の見極め方

 

車を下取りに出す人は査定額を見て相場を知っておこう

 

査定を受ける前に準備しておくべき5つの事

 

車を売る時の5つの注意点を解説!

 

少しでも高く車売る為に自分で出来る査定UP方法

 

車どこで売るのがベストなのか?ケース別に徹底解説

 

査定士はココを見ている!車を売るなら知っておきたい査定のポイント

 

ここを見れば一発!車買取業者の特徴とクチコミを一挙まとめ

 

本査定の前に!中古車査定士がチェックするポイントを知っておこう

 

車売る&下取りに必要な書類一覧と書類の解説

 

要らなくなったOR故障した車をスマートに処分する方法

 

要らなくなった車を解体して廃車にする 永久抹消登録のやり方

 

車を売ったら先払いしている自動車税はどうなる?

 

社外品マフラー交換後の純正マフラーは処分すべきか?

 

女性に聞いた!こんな車はいやだ!ドライブデートで乗りたくない車の特徴

 

モテる人はやっている?助手席でさり気なく出来るドライバーが喜ぶアレコレランキング

 

マフラー交換をするメリットとデメリット

 

事故車・不動車は処分費用を払うな!買取専門業者へ売るのが一番お得! 

 

免許とりたて!初心者が最初に買うべき車10選

 

はじめての車選び・・最初の一台の選び方

 

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ