査定士はココを見ている!車を売るなら知っておきたい査定のポイント

 

 

車を売る際には必ず査定士による車の査定を行います。

 

査定基準や重視するポイント、査定方法などは業者によって変わりますが、チェックするポイントはどの業者もほとんど同じです。

 

中古車査定の基準となるのが、一般財団法人日本自動車査定協会(略称JAAI)のカーチェックシートです。

 

このJAAIのチェックシートを参考に査定士は車のどのようなところをチェックしているのかを学んでいきましょう。

 

 

車の基本的な情報

 
カーチェックシートには車の基本的な情報が記載されています。
基本的な情報とは主に

 

  • 車名
  • 型式
  • 初年度登録年月
  • 排気量
  • ボディ形状
  • ドアの枚数
  • グレード
  • 車歴

 

といった車検証にも記載されている基本的な情報が記載されます。

 

 

車の状態に関する情報

 

  • 次回車検日(車検の期限)
  • 走行距離
  • 車体の色
  • 燃料の種類(軽油・レギュラー・ハイオク)
  • シフトのタイプ(MT AT)
  • エアコンのタイプ(オート マニュアル)
  • 外装の状態(凹みの有無、社外エアロなどの装飾品の有無)
  • オプションパーツ等の装備(ナビ・サンルーフ・アルミ・フットイルミ・キーレスなどなど)

 

といった車の仕様を細かく査定して記載していきます。

 その他の情報

 
セールスポイント

 

その他の情報として、セールスポイントの記載があります。
セールスポイント記載欄には、前オーナーからのヒアリングを元に車のウリを記載していきます。限定色であったり、社外高級ナビ、スマートキー、ETC付、外装内装がキレイなどなど、車の長所があれば出来るだけ沢山査定士さんに話をしておけば、アピールポイントとして書いてくれますから査定UPも見込めるので、アピールできるところはしっかりアピールしておきましょう。
 
リサイクル料金

 

リサイクル料金の支払いが済んでいるのかどうかという事が記載されます

 

査定額決定の方法

 

前述した、査定用紙に査定士が次々と情報を書き込み査定用紙(カーチェックシート)を元に、車の状態に評価点+−がつけられ、その点数からを車ごとに決まってきる基準価格から差引き又は加算されて査定額が決定します。ちなみに、評価点は1点=約1000円というレートになっているそうです。

 

JAAIが定める”標準的な中古車”の基準

 

  • 走行距離が改ざん又は過走行でない
  • 事故歴(修復歴)が無い
  • 機関部(エンジン)が良好か
  • サスペンション・ブレーキ(足回り)が正常
  • 外装・内装に大きな傷が無い
  • バッテリーの電圧が正常
  • タイヤの溝の残りが1.6mm以上
  • 車検の残りが3ヶ月以内

 

このような基準を満たす車が中古車の標準となります。なので、この基準より悪い状態の車が基準価格を下回り、この基準よりも良い状態の車が基準価格を上回る基準価格になります。
その基準価格から、各々の店舗が利益分や車の整備費、売却見込み価格などを加味してその店舗の買取査定価格が決定します。

 

特に大きく左右される項目

 

ボディの状態

 

ボディの外側だけの塗装(フレームは塗装していない)や、純正にない色への全塗装は大きなマイナス要因となります。その次に大きいのが板金又は交換です。ドアの破損で交換していたり、板金跡があると大きくマイナスになります。また、マイナス幅は小さいですが、擦り傷もマイナス要因となります
逆に外装の傷がないと大きくプラスになります。

 

走行距離

 

中古車を購入する際も車の状態を示す指標となるのが、走行距離です。当然、短ければ短いほど査定では有利です。もし、メーター交換をしていたりする場合正直に申告しましょう。最近の車はECUに走行距離データが記録されている為メーターと走行距離が違えば、データチェックですぐにバレます。また、中古で購入してメーター改ざんを行い販売した場合も、JAAIが走行距離を記録しているため、流通の段階で以前の記録より走行距離が短い事が発覚すると改ざん車だとバレます。

 

車種

 

すぐに売れてしまうような人気車種には高値がつきます。人気車種というのは国内外問わずなので、海外で人気がでている車が思わぬ高額査定になるという事もあります。

 

 

ボディカラー

 

黒や白などの人気カラーは高値が着きやすいです。逆に、変わった色であまり人気がない色は査定額が下がる要因になったりします。
 
修復歴

 

事故で、フレームのゆがみを修復している場合修復歴アリとなるため、大幅に査定が下がります。勘違いしてはいけなのが事故でも軽度の事故(バンパーを軽く擦ったなど)では修復歴扱いにならない為、特に申告する必要はないでしょう。ただ、フレーム修理を行うほどの大きな事故をした車両は正直に申請しておきましょう。100%バレます。

 

電動サンルーフや電動ドア

 

最近では、電動サンルーフや電動スライドドアが装着されている車が人気です。なので、これらの装備が装備されている車は査定でプラスになります。

 

 

 車を高く売るなら無料一括査定を利用しよう

 

車を高く売りたいなら無料一括査定サービスを使いましょう。

 

複数の業者の査定額を比較する事であなたの車をより高く売る事ができます。

 

私の場合、ホンダ ライフを売って下取りの見積もりの倍以上、買取見積もりでは一番安い業者と
一番高い業者では205,000円以上の差がありました。

 

私も使ったズバット車買取比較はたった1分の簡単な情報入力をするだけで、すぐに情報あなたの車の相場と高額買取してくれる業者がわかります。

 

ズバット車買取比較の評判は?

 

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます。

 

損しない車を売る時期の見極め方

 

車を下取りに出す人は査定額を見て相場を知っておこう

 

査定を受ける前に準備しておくべき5つの事

 

車を売る時の5つの注意点を解説!

 

車どこで売るのがベストなのか?ケース別に徹底解説

 

誰にでも出来る!車を高く売るコツとテクニック

 

査定士はココを見ている!車を売るなら知っておきたい査定のポイント

 

あなたの車の売却相場を調べる2つの方法

 

中古車買取業者を利用するメリットと選び方

 

社外品マフラー交換後の純正マフラーは処分すべきか? 

 

 

 

 


関連ページ

損しない車を売る時期の見極め方
ヤフオク・個人売買で車を売る時に必要な手続き
知人・友人・親戚などに車を売る方法と注意点
車を売る時の交渉術・高く売るテクニック
車を売るのがめんどくさい時のラク〜な売り方
車を売る時に知っておきたい基本知識
車を即金で売りたい場合の売り方を解説
所有者名義がディーラー名義になっている車の売り方
外車を高く売る方法・ポイントを解説します
早く売ろう!自動車税を払い忘れた車でも問題なく売れる
ホイールの洗い方!徹底的にキレイに掃除する方法
エンジンルームを綺麗に掃除する方法
ヤフオクで車を売る方法をわかりやすく解説
ローン返済中の車を売るたった1つのポイント
走行距離8万kmの車は高く売れる?買い替え時は?
10万km以上走った車を売るポイント
車を売る時の引き渡す前に準備しておく事
バッテリー切れの車を売るポイント
ぶつけた車を売るポイント
故障している車を売るポイント
改造車を高く売るポイント!純正戻しは不要
事故車を売りたい時に使うべき2つのサービスとは?|iVehicle
動かない車を売るポイント
ボロボロの車を売る確実な方法
中古車を高く売るオススメの方法は?|iVehicle
新車が高く売れるタイミングは?|新車を高く売るポイント
車を高く売る方法
車を下取りに出す人は査定額を見て相場を知っておこう
査定を受ける前に準備しておくべき5つの事
車を売る時の5つの注意点を解説!
少しでも高く車売る為に自分で出来る査定UP方法
車どこで売るのがベストなのか?ケース別に徹底解説
古い車は売れない?高く売る方法を教えます
誰にでも出来る!車を高く売るコツとテクニック
あなたの車の売却相場を調べる2つの方法
中古車買取業者を利用するメリットと選び方
ここを見れば一発!車買取業者の特徴とクチコミを一挙まとめ
ズバット買取の評判とクチコミ・詳細と利用するなら知っておきたいポイント
車買い替え時に必要な自賠責・任意保険の手続き
本査定の前に!中古車査定士がチェックするポイントを知っておこう
中古車一括査定を利用して最も高い査定額を調べよう
ズバット車買取比較の良い所はこんなとこー体験者レビューもご紹介!
車を売る時に必要なものをまとめ!
傷ありの車を高く売るポイント
初めて車を売るあなたが知っておくべき全て
残クレで買った車を売りたい!!売り方を簡単に解説
新車に買替える時はどこに車を売るのが得?
中古車へ買い替える時はどこに車を売るのが得?
車をオークション代行で売る方法!やめた方がいいのはこんな人!
車を売る時の流れを売り方別にシンプルに解説
車をオークション代行で売る時の流れをシンプルに解説
車を下取りしてもらう時の流れをシンプルに解説
車を買取してもらう時の流れをシンプルに解説
車を個人売買するときの流れをシンプルに解説
車を委託販売で売る時の流れ・メリット・デメリットを解説

ホーム RSS購読 サイトマップ