車買い替え時に必要な自賠責・任意保険の手続き

 
 
車を買い替える時に忘れられがちなのが自動車保険の手続きです。

 

自賠責保険と任意保険は、車を買い替える時に手続きしておかなければなりません。

 

車を買い替える時にどのような手続きをする必要があるのか?

 

事前に知っておけばスムーズに不安なく車を買い替えることが出来るので、ぜひ手続きの方法を知っておきましょう。

 車買い替え時の自賠責保険に必要な手続き

 

実は、自賠責保険は手続きをする必要がありません。

 

なので、車を買い替えるからといって特に自賠責保険については心配することがないので、気にしないでおきましょう。

 

なぜ、自賠責保険は手続きの必要がないのか?

 

自賠責保険とは、

 

車の使用者自身つまり「人」にかけている保険ではなく、
自体にかけられている保険なので車の名義が変われば自賠責の名義もそのまま新しい名義へと変更されます。

 

なので、車の名義を変更する手続きが=自賠責保険の変更手続き となります。

 

車の名義変更手続きが適正に行われていれば、自賠責保険も同時に変更されているので気にする必要はありません。

 

ちなみに、自賠責保険料は車にかけられる保険になるので保証内容と保険料は一律です。

 

そのため、自賠責の名義が変わったからと言って料金が変わって差額の返金があるとか、支払いをする必要があるという事は一切ありません。

 

なので、自賠責保険については車を買い替える時には何も考える必要がない、気にする必要がないと覚えておきましょう。
 

 車買い替え時の任意保険に必要な手続き

 

自賠責保険と違い、
任意保険は「車」ではなく「人」にかけられれている保険なので、契約者本人の年齢・使用状況・使用車種などによって保険料が変わってきます。

 

なので、車を買い替えることによって、保険料が変動しますから必ず手続きをして使用車を変更しておく必要があります。

 

もし、手続きを忘れていて使用している車と保険がかかってる車が違うまま事故を起こした場合、

 

最悪の場合保証を受けられないこともありますので十分注意しておきましょう。

 

車買い替え時の任意保険の必要な手続きの手続きの方法

 

車を買い替える時には、使用している車が変わるため

 

車両変更手続き
 
が必要です。

 

車両変更手続きを行った場合、任意保険の保証内容や保険等級をそのまま引き継げます。

 

ワンポイント

 

車を買い替えずに車を手放すだけの場合に必要な手続きは、買い替える時にする手続きとは少し違います。

 

次の車を買わない時に必要な手続きは 中断手続きと解約手続きに別れます
それぞれ、その人の状況によって行うべき手続きは変わってきます。

 

当分車に乗る予定が無い人・・・・解約手続き
 
再び車に乗る予定が有る日・・・・中断手続き

 中断手続きと解約手続きの違い

 

中断手続きと解約手続きの違いは、保険料等級を保てるか保てないかというとこにあります。

 

保険料等級は等級が高ければ保険料を大きく割り引いてくれます。

 

なので、高い等級を持っている場合は中断手続きをとって保険料をキープしておいたほうが良いでしょう。

 

中断手続きから10年は中断証明書により保険等級の維持をして貰えるため、車再び乗り始めた時に現在の等級で保険に入ることができます。

 

なので、もし保険料等級が初期状態の6等級やそれ以下の等級だった場合は中断手続きをとるメリットが無いため、解約してしまっても良いでしょう。

 

手続きの方法は簡単です。

 

まず、加入している保険会社に
「車を買い替えたので、今の保険の車両変更をしたい」
という旨を伝えましょう。

 

その後、保険会社の指示に従い車両変更の手続き書類を作成していけばすぐに変更が出来ます。

 

また、車両変更手続きの際は車検証(写しでも可)が必要になるのであらかじめ販売店に問い合わせて準備しておきましょう。

 

車検証と書類を提出したら、あとは納車日にあわせて保険を切り替えるようにして貰いましょう。

 プラスワン 中断手続きで任意保険中断証明書を発行する

 

車に一時的に乗らない状態のときに保険の一時中断をしている事を証明する任意保険中断証明書の発行方法を解説します。

 

車を買い替える時には関係のない話ですが、覚えておくと役に立つかもしれないので、頭の片隅においておきましょう。

 

中断証明証を取得する為に必要な条件

 

  • 廃車にした場合(永久・一時抹消のどちらでも可)
  • 第三者への車両の譲渡(売却も含まれる)
  • リース業者への返還
  • 車検切れによる車が使用不可になる
  • 盗難により車両を喪失
  • 災害による車両の大破
  • 長期海外渡航により車を長期間使用しない場合

 

これらのどれか一つでも満たしていた場合にのみ中断証明書が発行可能になります。

 中断証明書発行に必要な書類

 

  • 任意保険証書
  • 中断証明取得依頼書(保険会社が発行する)
  • 中断理由が証明可能な公的文書

 

以上の3つの書類が必要です。

 

詳しくは、加入している保険会社へ問い合わせて見ましょう。

 

中断から新たに保険に復帰する為の条件

 

中断しているからといって、無条件に保険に復帰できるわけではありません。以下の条件を満たしている必要があります。

 

  • 中断日から10年以内である
  • 車の用途や車種区分が同じである
  • 車を新しく買って一ヶ月以内である
  • 新しい車の所有者が本人又は配偶者・同居の親族である
  • 被保険者が中断前と同一人物である

 

といった条件を満たしていれば等級を引継ぎ保険に復帰できます。

 

特に特別な条件があるわけではないので、普通にしていれば問題ないでしょう。

 

中断の条件や手続き、復帰の方法などは保険会社によって変わってきますので、まずは保険会社に相談してみましょう。

 

 もしも、保険の手続きを忘れてた・やってない場合は?

 
自賠責保険の手続きを忘れていた・やっていなかった場合

 

自賠責保険は車にかかっている保険で、名義変更と共に自賠責保険の名義も変わるため

 

「自賠責保険の手続きを忘れていた・やっていなかった!」

 

という事になる事は無いでしょう。

 

もし自賠責保険の変更手続きができていないが為に、自賠責保険の更新葉書が自宅に届いた場合はイコール車の名義変更も出来ていないということになります。

 

葉書が届いた場合は、車の名義変更が車の譲渡(売却)した先でちゃんとされていない事が確実なので、すぐに車の譲渡先(売却先)に連絡して、「自賠責保険の更新葉書が届いた、名義変更はできているのか?」と確認を取りましょう。

 

名義変更が出来ていないということは、そのままだと自動車税の請求までもが届いてしまうことになります。

 

なので、早く名義変更手続きを済ませる用に催促しましょう。

 

もちろん、売却後なので自賠責保険の保険料は名義変更が出来ていなくてもあなたが払う必要がありません。

 

 任意保険の手続きを忘れていた・やっていなかった場合

 

もし、車買い替え時に車両入替の手続き(車両変更手続き)を忘れていた・やっていなかった場合、事故を起こしても

 

任意保険で保証されません。

 

つまり、車両入替手続きを忘れていると

 

無保険状態

 

となってしまうんです。

 

無保険状態で事故を起こした場合は当然、事故の過失分は自賠責分を差引いて全額本人負担となってしまうため、必ず車を買い替えた際は車両入替え手続きを行いましょう。

 

タイミングで車両入替えの手続きをすればいいのか?

 

保険会社に車両入替えの連絡をするのはどのタイミングですれば良いのかというと、

 

次の車両の車検証が出来て、納車日が確定したら連絡すればOKです。

 

納車日が確定したら出来るだけ早く連絡しましょう。

 

早めに連絡しておかないと、手続きが間に合わない可能性もあるので、納車日が確定したらすぐに連絡した方がいいです。

 

連絡する際には、納車日だけではなく納車される予定時刻も合わせて連絡しておくとより確実です。

 

任意保険は日付だけでなく 何月何日の何時からといったように補償期間が開始されます。

 

なので、納車される時刻も連絡しておいたほうが、間違いなく補償が開始されるので「納車してすぐ事故にあってしまった」なんて時でも補償がスムーズに受けられます。

 車両入替え時に便利な特約 自動担保特約

 

どうしても、納車時に車両入替えが間に合わなかったり、手続きができていなかった場合でも「自動担保特約」という特約を使えば、新しい車が納車されてから車両入替えが終ってなくても、前の車で契約していた任意保険が適用されます。

 

つまり、納車日までに車両入替え手続きが終って無くても、無保険状態とならないため安心して車に乗ることができます。

 

ただし、この自動担保特約が有効なのは新しい車の納車から「30日以内」と決められているため、それまでに、車両入替え手続きを行わないと「無保険状態」になってしまいます。

 

この特約に頼ってもたもたしていると、あっと今に30日が過ぎてしまうので出来るだけ納車日近くで車両入替えを済ませるようにしましょう。

 

 

自動車保険のプラスアルファ

 

解約返礼金と車両入替えによる差額精算について

 

買い替え時には車両入替えで任意保険を継続することになるので、解約返礼金は発生しませんが、車両が変わったことで保険料が変わり、前の車の保険料と新しい車の保険料の差額分を清算する必要があります。

 

新しい車の保険料の方が、前の車の保険料より安かった場合は差額が保険会社より返金されます。

 

新しい車の保険料が前の車の保険料より高かった場合は差額を保険会社に支払う必要があります。

 

車両入替え時には保険料の変動による思わぬ出費があるかもしれないので気をつけましょう。

 

もし、車を売って車を持たない状態になり、保険を解約した場合は、保険の残存期間に応じて解約返礼金が還付されます。

 

なので、任意保険料を年払いしていても経過していない分はちゃんと返ってくるので安心してください。

 

任意保険料を節約する方法

 

車を買い替えたのなら、ついでに任意保険の見直しをする事をオススメします。

 

任意保険はおなじ様な補償内容でも契約の仕方や、保険会社によって保険料が大きく変わります。

 

車の維持費の中でも任意保険料は大きなウェイトを占めていますから、任意保険料を節約する事で車の維持費を大きく節約する事ができます。

 

保険の見直しといっても何をして良いか分からない・・・・・

 

そんな時は、自動車保険一括見積もりサイトを利用しましょう。

 

沢山の保険会社の中から、最も年間保険料が安いところを探すことが出来ます。

 

沢山の保険会社を人づつ探していっていたのでは、大変時間もかかりますし比較するのはなかなかに骨の折れる作業です。

 

なので、自動車保険一括見積もりサイトを利用してサクッと簡単に安くて良い保険を探しましょう。

 

もし、車を高く売る方法を知らないならコチラです。

 

 車買い替え時に必要な保険手続きのまとめ

 
自賠責保険・・・・・・手続きの必要ナシ
 
任意保険  ・・・・・・車両入替え手続きが必要

 

任意保険は、自動担保特約に加入していた場合は納車時から30日以内までは、前の車の保険がそのまま適用されます。

 

しかし、車両入替え手続きをせずに自動担保特約に未加入又は、自動担保特約に加入しているが30日以上経過してしまった場合は新しい車での事故は補償されません。

 

無保険状態となる)ので注意が必要です。

 

無保険状態にならない為にも、車検証が出来て納車日が確定したらすぐに保険会社に連絡するようにしましょう。

 

また、保険料節約の為に保険の見直しをしてみるのも良いですね。

 

車両入替えと同時に保険の乗り換えも可能です。

 

安くて良い保険を探すなら、自動車保険一括見積もりサイトを利用しましょう。
保険会社を自分で選定する手間をかけずに、すぐに安くて良い保険を紹介してくれます。

 

お得でスマートなカーライフを送る為にも車の維持費はできるだけ抑えたいですね。

 

管理人は、車を乗り換える時に保険も一緒に乗り換えて、年間12万円の保険料が年間6万円にまで減額できました!

 

保険の見直しは非常に大きく節約できるところなので、チャレンジしてみましょう。

この記事を読んだ人に人気な記事はコチラです

 

損しない車を売る時期の見極め方

 

車を下取りに出す人は査定額を見て相場を知っておこう

 

査定を受ける前に準備しておくべき5つの事

 

車を売る時の5つの注意点を解説!

 

車どこで売るのがベストなのか?ケース別に徹底解説

 

誰にでも出来る!車を高く売るコツとテクニック

 

査定士はココを見ている!車を売るなら知っておきたい査定のポイント

 

あなたの車の売却相場を調べる2つの方法

 

中古車買取業者を利用するメリットと選び方

 

要らなくなったOR故障した車をスマートに処分する方法

 

社外品マフラー交換後の純正マフラーは処分すべきか?

 

女性に聞いた!こんな車はいやだ!ドライブデートで乗りたくない車の特徴

 


関連ページ

損しない車を売る時期の見極め方
ヤフオク・個人売買で車を売る時に必要な手続き
知人・友人・親戚などに車を売る方法と注意点
車を売る時の交渉術・高く売るテクニック
車を売るのがめんどくさい時のラク〜な売り方
車を売る時に知っておきたい基本知識
車を即金で売りたい場合の売り方を解説
所有者名義がディーラー名義になっている車の売り方
外車を高く売る方法・ポイントを解説します
早く売ろう!自動車税を払い忘れた車でも問題なく売れる
ホイールの洗い方!徹底的にキレイに掃除する方法
エンジンルームを綺麗に掃除する方法
ヤフオクで車を売る方法をわかりやすく解説
ローン返済中の車を売るたった1つのポイント
走行距離8万kmの車は高く売れる?買い替え時は?
10万km以上走った車を売るポイント
車を売る時の引き渡す前に準備しておく事
バッテリー切れの車を売るポイント
ぶつけた車を売るポイント
故障している車を売るポイント
改造車を高く売るポイント!純正戻しは不要
事故車を売りたい時に使うべき2つのサービスとは?|iVehicle
動かない車を売るポイント
ボロボロの車を売る確実な方法
中古車を高く売るオススメの方法は?|iVehicle
新車が高く売れるタイミングは?|新車を高く売るポイント
車を高く売る方法
車を下取りに出す人は査定額を見て相場を知っておこう
査定を受ける前に準備しておくべき5つの事
車を売る時の5つの注意点を解説!
少しでも高く車売る為に自分で出来る査定UP方法
車どこで売るのがベストなのか?ケース別に徹底解説
古い車は売れない?高く売る方法を教えます
誰にでも出来る!車を高く売るコツとテクニック
査定士はココを見ている!車を売るなら知っておきたい査定のポイント
あなたの車の売却相場を調べる2つの方法
中古車買取業者を利用するメリットと選び方
ここを見れば一発!車買取業者の特徴とクチコミを一挙まとめ
ズバット買取の評判とクチコミ・詳細と利用するなら知っておきたいポイント
本査定の前に!中古車査定士がチェックするポイントを知っておこう
中古車一括査定を利用して最も高い査定額を調べよう
ズバット車買取比較の良い所はこんなとこー体験者レビューもご紹介!
車を売る時に必要なものをまとめ!
傷ありの車を高く売るポイント
初めて車を売るあなたが知っておくべき全て
残クレで買った車を売りたい!!売り方を簡単に解説
新車に買替える時はどこに車を売るのが得?
中古車へ買い替える時はどこに車を売るのが得?
車をオークション代行で売る方法!やめた方がいいのはこんな人!
車を売る時の流れを売り方別にシンプルに解説
車をオークション代行で売る時の流れをシンプルに解説
車を下取りしてもらう時の流れをシンプルに解説
車を買取してもらう時の流れをシンプルに解説
車を個人売買するときの流れをシンプルに解説
車を委託販売で売る時の流れ・メリット・デメリットを解説

ホーム RSS購読 サイトマップ