誰にでも出来る!車を高く売るコツとテクニック

先人に学ぶ!車を高く売る為に必須な5つのコツとは?

 
車を高く売れた人達の話を聞いているとある共通点がありました。

 

その共通点をまとめたところ、まさにコレこそが車を高く売るためのコツだったんです!

 

車を初めて売る方もそうでない方も安心して下さい。

 

車を高く売るのはこれから紹介するコツを抑えるだけです。

 

しかもそのコツは誰に出も出来る簡単なことばかり!

 

少しの勇気と少しの時間を使えば、10〜30万円以上の買取額アップも十分狙えます。

 

 車を高く売る為に必須な5つのコツ

 

 

  1. 査定は複数の業者にしてもらうべし
  2. 行動は早くするべし
  3. 車の売却先決定は慎重にするべし
  4. 手間を惜しむべからず
  5. 一括査定サイトなどのツールを使うべし

 

 

この5つのコツを全て行う事で、高値での買い取りが実現します。

 

この5つのコツを踏まえずに車を高値で買い取ってもらうのは非常に難しいです。

 

なので、車を高く売りたいならこの5つのコツは必ず覚えておいて頂たいのです。

 

そのために、ぜひ当サイトのブックマークをよろしくお願いします。

 

スマートなカーライフを送るための情報を随時更新していき、あなたのお役に立ちます。

 

では、コツを知ったところで行動を起こしましょう。

 

知っただけで行動しなければ意味がありません。

 

では、まず今すぐ出来る事からやってみましょう。

 

とりあえず、今すぐできるのは、

 

中古車一括査定サイトを利用することです

 

コツでいうと5番目にあたります。
そして、今すぐ行動するというのはコツの2番目にあたりますね。

 

入力はたったの1分でOK!今すぐあなたの車の最高額を調べる!

 

ズバット車買取比較を使ってみる【無料】

 

 

ズバット車買取比較の使い方

 

ズバット車買取比較の使い方はいたって簡単です。

 

まず。リンクからホームページにアクセスして、入力フォームに車とあなたの情報を入力するだけです。

 

ちなみに、ズバット買取比較は無料サービスなのでご安心ください

 

 

車買取比較サービスを使う際に気をつけるべきポイントと上手に使うコツ

 

車買取比較サービスを使っても高値で売れない人がいます。

 

高値で売れなかったどころか営業電話などに翻弄されて、結局下取りで安く売ってしまったなんて事にもなりかねません。

 

そうならない為にも、いくつか気をつけるべきポイントを説明しておきます。

 

車買取比較を使う際に気をつけるべきポイントとコツ

 
1.最初の営業電話でいきなり査定まで話しを進めないこと

 

車買取比較サービスに登録すると、業者から査定依頼を出してもらおうと、電話がかかってきます。これも、高く売るために必要な作業なので、めんどくさがらずに電話出ましょう。

 

ただし、最初の電話でいきなり本査定の依頼をしたりしないよにしましょう。

 

本査定を依頼する業者や日付は落ち着いてしっかり決める事が大切です。
なので、最初の電話の時は

 

「これから来客で忙しいので電話対応ができないので、いくらで買い取れるかの相場だけメールお願いします。後日こちらから連絡します」

 

と伝えるようにしましょう。こうすれば、基本的に業者側からしつこい営業電話をしてくる事もありません。

 

もし、しつこく電話してくるようなら
「電話がしつこいのであなたのところでは売りませんからもうかけて来ないでください」
とはっきり断りましょう。

 

優柔不断な態度だツケこまれかねませんので、毅然とした対応が必要です。

 

2.最高価格から順に5社ほどピックアップしておきましょう

 

各業者からメールが入ってきているはずです、そのメールを一通りチェックしてから、金額の高い業者を5社ほどピックアップしておきましょう。

 

別途メモなどに金額の高い順に並べてみてもいいでしょう。

 

3.最初の電話の時点で、感じの悪い業者は今後相手をしない事

 

電話対応の態度や言葉使いが悪い業者はほぼ間違いなくろくでもない業者です。

 

なので、最初の電話の時点で少しでもよくないなと思うようでしたら、今後相手にしないようにしましょう。

 

もし、営業電話がしつこくかかってきたとしたら、

 

「もう車はよそに売りました」

 

と一言言えばOKです。車のないところに業者はよって来ません。

 

この言葉しつこい業者撃退には一番効果的な言葉ですから断るときにはどんどん使いましょう。

 

ただ、この言葉を使ったあとにも「どこで売っただの、いくらだっただの」聞いてくる業者もあります。
そんな業者にはさらに、こう言ってやりましょう
 
「答える理由がないのでこれで切ります」

 

と言って切ってやりましょう。そして、しつかったと比較サイトにクレームをいれるのもいいですね。

 

そういった業者がいなくなるのは、この業界の健全な発展にもつながりますから。

 

4.電話で査定を急がせてきても絶対に乗らない

 

営業のテクニックとして「今らら〜いまだけ〜いますぐなら〜」といった言葉で相手を急かして煽り判断力を奪い、契約させるというテクニックがあります。はっきり言って営業マンが急かす理由なんてどんだけ美辞麗句を並べ立てようともそれ以外にありません。なので、急かされたと思ったら絶対に踏みとどまってください。相手に急かされての契約は間違いなくあなたの利益になりません。いまだけ〜いまなら〜といった言葉は甘美で誘われやすい響きではありますが、それは罠です。逆を言えば、急かすような業者はあなたを落としいれようとしているも同然。
査定は必ず落ち着いて依頼を出すようにしましょう。

 

 

以上の点を踏まえて利用すれば悪い結果にはまずならないでしょう。
では、買取比較サイトでおおよその相場と高く買い取ってくれそうな業者を見つける事ができたので、ここからは高値を引き出すための条件を整えていきます。

 

高価買取を実現する為の条件

 

  1. 買取比較サイトで業者が提案する相場を知る
  2. 買取比較サイトで高く買ってくそうで態度のいい業者を複数見つける
  3. オークション相場を知っておく
  4. 本査定は同日同時に複数業者を集めて行う

 

この4つがそろえば、ほぼ高価買取は実現したといっても過言ではないでしょう。

 

高価買取を実現する為の条件の1と2は冒頭で紹介した車買取比較サービスを使う事で楽にクリアできます。
まだ、出来ていない人はまず、車買取比較ズバットを利用してみましょう。

 

 

車買取比較サイトが利用できたら、次はオークション相場をしらべます。
カーオクというサイトを使います。
オークション相場は実際に売買された相場ですから偽装のしようがありません。
しかも、オプションパーツも含めたより正確な売却価格と実際に何円で売られたのかが同時にわかるとても便利なサービスです。

 

カーオクを使えば、

 

ヤフオクでの売却予想価格
業者向けのオークションでの予想価格
カーオクサポート買取価格

 

という3つの価格の相場がわかります。

 

この中では特にヤフオクの相場に注目しましょう。

 

ヤフオクの相場はユーザーや業者が購入できる最高に近い金額となっている為、この金額以上を目指して売れば相場より高く売れた事になります。
ココで得た、確かな相場情報は本査定時にかなり使えます。しっかりメモに残しておきましょう。
 
※注意※カーオクで車を売る※注意※
このままカーオクでも車を売るコトができますが、カーオクはあくまでオークションですので実際に入札されるまでいくらで売却できるか分かりません。買取と違って交渉の余地がない為、希望価格じゃないからキャンセルなんて事も出来ないのでせっかく集めた情報や優良業者が台無しになってしまいます。なので、カーオクで売る事は当サイトでは推奨していません。

 

 

カーオクを利用する事で、高価買取実現の条件である

  1. 買取比較サイトで業者が提案する相場を知る
  2. 買取比較サイトで高く買ってくそうで態度のいい業者を複数見つける
  3. オークション相場を知っておく←NEW!

 

3番目まで条件を満たすことができましたね。
ここまでくればもう、かなり高い確立で高価買取が成功します。

 

あとは高価買取実現の条件の4番目
 
4.本査定は同日同時に複数業者を集めて行う

 

これを行えばいいだけです。

 

この4番目の条件が最も肝心でまさに詰めの作業になります。
これからは、実際に業者を呼んで出張査定をしてもらい本査定後に実際に買い取ってもらう価格を出していきます。

 

ここからは、実際に"交渉”をしていく必要が出てきます。
交渉と聞くと難しい事のように感じるかもしれませんが、中古車買取の交渉は至ってシンプルです。

 

ポイントを押さえておけば簡単に高価買取を引出せます。

 

では、業者に連絡する前にまずは、交渉術を学んで起きましょう。

 

高価買取を実現するシンプルな交渉術のポイント

 

交渉する際には以下のポイントを押さえて起きましょう。

 

ポイント1  今すぐ・今なら・今日だけ・今回だけ・・・・といった決断を迫る、焦らす、早く決めさせるような言葉は 聞かないようにする
 
ポイント2  希望価格は集めた情報の最高価格を言っておく
 
ポイント3  査定額は同時開示させる。業者間での不平等をなくし対等な条件で対応する
 
ポイント4  最初の提示額で納得しないよにする
 
ポイント5  2社以上がそう変わらない価格で競合した場合、オークション形式で価格を競らせる

 

この5つのポイントを押さえておけば、当日の交渉成功率は飛躍的に上がるでしょう。
では、ポイントを1つづつ詳しく解説していきます。
高価買取を実現するシンプルな交渉術のポイント〜解説編〜

 

ポイント1  今すぐ・今なら・今日だけ・今回だけ・・・・といった決断を迫る、焦らす、早く決めさせるような言葉は聞かないようにする

 

今だけ・今日は特別・今なら・・・といった時期や時間を限定しプレミア感を演出するのは営業の基本的なテクニックになります。古くから使われている手法で、TV通販などでも「今からx時間以内なら何円引き」や、スーパーではタイムセールスといった方法で広く色々な商売に利用されています。この手法は機会損失を恐れるという心理を利用しています。機会損失とは言い換えればチャンスを逃すという事です。誰しも、チャンスを逃すのは惜しいし怖いんです。特に日本人は限定物に弱いといわれていますから、機会損失を恐れる民族なのかもしれません。機会損失をおそれて飛びついてしまうのは、あなたの意思で決定したのではありません。相手の意思によって決定させられたのです。つまり、今だけ、、といった決断を煽るような殺し文句を言われてそれを鵜呑みにすればあなたはすでに営業マンの掌で躍らせれている事になります。完全に相手のペースなのです。相手のペースに飲まれていた時に、あなたが有利になるようになるでしょうか?そんな事はないですね。ほぼ間違いなく業者の利が大きくなるでしょう。なので、煽るような言葉は絶対に聞かないようにしましょう。

 

 

ポイント2  希望価格は集めた情報の最高価格を言っておく

 

本査定前か、査定終了後に業者が間違いなく希望価格を聞いてきます。この時に、調べた相場価格の最高額を希望額として伝えるようにしましょう。相場に沿った希望価格を伝える事で、足元を見ている業者は「相場の金額を知っている」という事で下手な金額提示が出来ないように釘をさせます。希望価格が的外れな金額だと、まったく意味がないため、相場を調べた事がココで役に立ちます。

 

 

ポイント3  査定額は同時開示させる。業者間での不平等をなくし対等な条件で対応する

 

同日同時に業者を集めて同時に本査定をしてもらいます。その際に、全員が査定を終えていざ金額の提示という流れになりますが、その際はかならず同時に提示させましょう。名刺の裏に金額を書いて見せるという方法がいいでしょう。なぜ、同時に提示させるほうがいいかというと同じ条件で平等にチャンスを業者に与える為です。
金額の提示は後だしじゃんけんと同じで、最初に提示するのが最も不利で最後に提示するのが圧倒的に有利です。それもそのはずで、後の業者は前の業者が提示した金額を考慮して程よい金額提示ができます。ですが、最初の業者は何も無い状態ですから、無難な相場を提示せざるを得ないんですね。そのように業者間で不平等があると、当然業者のモチベーションを下げる事にもなりますし、本気の買取額を提示させられにくいです。
なので、全ての業者が横並びで全力を出せる一斉に金額を提示させるという方法をとる必要が有るんです。
その後の交渉をスムーズにすすめるためにもこの一斉提示は必須です。
 
ポイント4  最初の提示額で納得しないよにする

 

最初に業者が提示する金額は限界ギリギリでは無い事が多いです。どの業者も限界からマージンを取って金額を提示してくるはずです。なので、最初に提示する金額を業者が「ギリギリ限界です」といっても真に受けないようにしましょう。必ず一斉提示後に、一番高い業者の金額より高い金額を出せる業者が居ないか問うようにしましょう。買取意欲の強く予算がある業者なら食いついてくるはずです。もし、ここで他の業者が辞退するようなら今度はその業者に対してその金額では納得いかない、もっと高くならないのかというように言いましょう。この際、調べた相場金額を下回っているようならその相場の金額ぐらいになるように交渉してみましょう。

 

 
ポイント5  2社以上がそう変わらない価格で競合した場合、オークション形式で価格を競らせる

 

もし、金額を一斉提示した後2社以上がそう変わらない金額だったり、一番高い業者より高い金額を出せる業者がいないか聞いたときに名乗り出る業者がいた場合ここで上手く競合した形になります。競合すれば、競上がり高額買取が実現する確立がとても高くなる上に、業者が勝手に競って価格を上げてくれるためこちらは見てるだけでおもしろいようにどんどん買取価格が上がっていくとい状況を作りだすことができます。ここまでもってこれればもう成功したも当然です。

 

 

以上の5つのポイントを理解し、実際に実行すれば高価買取は難しくありません。本査定当日までに、何回か読み直してマスターしておきましょう。

 

 

高価買取してもらえなかった?!先人に学ぶ、中古車買取の失敗パターン

 

車買取の体験記やクチコミサイトを見ていると少なからず高価買取が実現出来なかったという人がいます。
何故、先人は失敗したのか?その理由を知る事で失敗を未然に防ぎましょう。

 

こんな買取は失敗しやすい!絶対NG!7つのパターン

 

  • 査定を1社にしか依頼しない
  • 正しい相場の金額を知らない
  • 業者のペースに乗せられる
  • 車を持ち込んで査定する
  • 最初の提示額で納得してしまう
  • 一括査定サイトを使わない
  • 車を事前に清掃しない

 

おそらく、この7パターンの一つでも当てはまっていると高額査定実現はおろか、最悪の場合相場以下の金額で買い叩かれる危険性があります。

 

高価買取を実現したいなら絶対にやってはいけません。

 

高価買取に失敗した先人は必ずこの7つのうちどれかに当てはまってしまっえ居ます

 

 

 

こんな買取は失敗しやすい!絶対NG!7つのパターン〜解説編〜

 

・査定を1社にしか依頼しない

 

これは、もう当たり前ですね。買取り価格は競合させて金額を上げていくといのは必須なのに、1社しか査定しないのであれば、業者は自分の都合の良い金額しか提示しないのは当り前です。厳しいですが、業者はボランティであなたの車を買取るわけではありません。安く買い叩けば買い叩くほど業者の利益になり、営業マンの成果になるんですね。一社にしか査定してもらわないというのは。「あなたのとこにしか売るつもりは無いから好きな金額で買って」と言っているようなものです。手間を惜しまずかならず複数社に査定してもらいましょう。

 

・正しい相場の金額を知らない

 

そもそも自分の車は何円ぐらいが相場なのか?という事を知らないと査定で出てきた金額が高いのか安いのかもわかりません。正しい相場の金額を知るという事は正しい基準を得るという事です。安いのか高いのかわからない状態で売るのは「自分では高く売れたと思っていても、実は相場から言う10万円以上安かった」などという事にもなりかねません。素人である私たちの感覚はあまり当てにならないので、騙されないためにも正しい相場を知っておきましょう。

 

・業者のペースに乗せられる

 

今だけ・この車は特別・今日は絶対高く買います・・・・・といった殺し文句に乗ってしまわないようにしましょう。上司と相談してぎりぎりの金額をもってきました!というようなお偉いさんを利用するパターンもあります。営業マンは営業のプロです。どの業者もきちんとした社内教育を受けて出ている人がほとんどですので口は達者、テクニックも持っています。もちろん本当に誠実な営業マンもいますが、基本的に相手は自分のペースに乗せて都合の良い金額で買取ろうと考えています。常に疑ってかかるぐらい慎重姿勢で交渉しないと、あっとい間に相手のペースに乗せられて気がつけばサインしていた・・・なんて事にも十分なりえます。
 
・車を持ち込んで査定してもらう

出張査定で来てもらうのではなく、相手の会社に車を持ち込んで査定してもらうのは、まさに飛んで火に入る夏の虫です。業者の社内は完全に相手のフィールドなんです。交渉の条件としては圧倒的に不利です。それに、業者に持ち込むということは同時に2社以上の査定をしないということにもなります。どうしてもという事情があればやむを得ませんが業者に車を持ち込んでの査定は当サイトでは推奨していません。

 

・最初の提示額で納得してしまう

 

最初の提示した金額はほとんどの場合が限界ではありません。最初に提示した金額からもっと高くして欲しいという事を言われるのは折込み済みなので最初は限界からマージンをとった無難な金額の提示をしてきます。
業者からしてみれば「最初の金額で納得してくれたらラッキー」ぐらいの気持ちで提示しているはずです。
なので、最初の提示額でいかなる理由を言われようとも納得してはいけません。

 

・一括査定サイトを使わない

 

一括査定サイトを使わないという事は、相場情報も不十分でどこが高く買い取ってくれるかという業者厳選もしないという事です。これは非常に非効率的です。高価買取の条件で示したように業者厳選と相場情報の充実は高価買取に必須です。ほんの少しの手間を惜しんで一括査定サービスを使わず手に入るはずだった何十万という金額を逃すのはあまりにもったいないです。当サイトで買取について学んでくださった方はそんな事がないように願います。
 
・車を事前に清掃しない

 

本査定時に好印象を与えるためにも最低限車の清掃はしておきましょう。営業マンも人間なので、第一印象で綺麗な車と汚い車ではたとえ同じ車だとしても、綺麗な車の方に高値をつけるでしょう。それに清掃が行き届いている車はつまり、大事にされていた車とも取れるので必ず有利に働きます。車はキレイにしておきましょう。

 

 

この7つのパターンに当てはまってしまえば、失敗する確立を高めてしまいます。よく注意してこのパターンにはまってしまわないように気をつけましょう。

 

 

本査定当日に業者を集める方法

 

高価買取を実現する為の条件である
 
4.本査定は同日同時に複数業者を集めて行う

 

を満たすための方法を説明します。
といってもそう難しい事はなく既に一括査定サービスで業者を厳選しているため後は日時を決定して連絡するだけでOKです。

 

〜本査定を業者に依頼する〜

 

ステップ1 日時の決定

 

いよいよ、本査定を依頼します。まず初めに日にちと時間帯を決めます。もちろん、決める日時は1つだけでOKです。この時間に合わせられない業者はもう候補からはずしてしまってかまわないでしょう。
 
ステップ2 厳選した業者に連絡

 

日時を決めたら、あらかじめ一括査定サイトで厳選しておいた業者へ電話をします。あらかじめ決めておいた日時をしていして時間厳守で来てもらうようにしましょう。

 

以上で、本査定依頼は終了です。後は当日まで待つだけです。

 

 

【まとめ】高価買取を実現させるまでの流れ【まとめ】

 

高価買取を実現させるまでの流れを簡単に書いていきます。これまでの総復習をしていきましょう。

 

 

1 車買取一括査定サービスを使う
 
2.電話連絡があったら査定については後日連絡するので仮見積もりの相場価格をメールで連絡するよう伝える
 
3.電話での対応や提示された金額を元に業者を選別し厳選する
 
4.カーオクでさらに相場を調べる
 
5.相場情報が集まったら、本査定日時を決定する
 
6.本査定日時を厳選した業者へ連絡し出張査定を依頼する
 
7.本査定当日交渉のポイントを押さえつつ上手く交渉する
 
8.高額査定を引出し契約する
 

9.車引き渡し後入金があって車買取完了

 

という風になります。おそらく1〜7までは今すぐ初めても30分足らずでできるはずです。

 

7からは日数があくと思いますが最後の9までは早ければ1週間ぐらいで出来てしまうでしょう。

 

とにかく焦りは禁物です。焦らずじっくり高価買取を目指しましょう。

 

 

厳選オススメの中古車一括査定サービス

 

ズバット買取比較
 
 

 

中古車一括査定サービスの定番中の定番がこのズバット買取比較です。
年間100万人以上が利用する大人気の一括査定サービスです。

 

200社以上が加盟しており、1分ほどの簡単な情報入力だけで提携業者の中から対応できる業者が自動的に選別さしてくれます。
また、同時に75万台以上の膨大なデータから算出した買取相場をすぐに知る事ができます。
なので、今は売るつもりはないがとりあえず買取相場を知りたいという人にもよく利用されています。

 

カスタマーサポートも充実しており、年末年始以外は年中無休で対応してくれるため分からない事があったらすぐに相談できます。また、万が一しつこく連絡してくる業者がいた場合も通報できます。
定番の一括査定サービスで、業者数も多くカスタマーサポートも充実している為、初心者も安心して利用ができるのでオススメです、

 

もちろん、利用料は無料で業者の対応や査定金額が気に入らなければ全てキャンセルしてもOKです。
査定サイトを使ったからといって必ず売らなければいけないということはありません。

 

カーセンサー

 

 

 

 

中古車情報紙やサイト・CMでもおなじみのカーセンサーで大手企業のリクルートが運営している中古車一括査定サイトです。日本最大級の大手中古車情報サイトの一括査定なので安心して使う事ができます。
かんたんな入力で複数の買取業者に査定依頼できるという基本的な機能に加え、都道府県ごとに買取業者を探せる機能があるので大変便利です。

 

また、車についての情報もとても豊富で初心者にも役に立つ数々の情報やカーライフを充実させる為の情報を配信していたりするので、一見の価値ありです。

 

 

カーセンサーは数多くの中古車販売店と提携している為、他の中古車査定サイトには加盟していないカーセンサーにだけの業者がいたりするので、高価買取してくれる意外な出会いがあるかもしれません。

 

なので、オススメとしてはズバット買取を利用して、さらにカーセンサーも利用するという方法がオススメです。
2つ査定サイトを使えばそれだけ多くの業者を探せるため、より高価買取をしてくれる業者を見つけられる可能性があがります。

 

 

 このサイトを見て車を売った方の体験談

 
新しい車が欲しくなり、車を買う事にしました。新車だったので購入はディーラーでする事になりまして、今まで乗っていた軽自動車は下取りにだそうかと思っていました。まだ、車検も残っているし珍しい4WDタイプだったのでそこそこの値段で売れるだろう思っていましたが、実際にディーラーに見積もってもらった下取り価格はなんと3万円・・・・・この車はそんなに安く買われる車じゃない!と思った私はインターネットで調べてこのサイトを見つけて無料一括査定サービスを使い車の相場を調べてみました。すると10万円〜30万円という結果がでてきました。ディーラーの3万円とはなんだったのでしょうか?早速カーオクでも相場を調べてみると10万〜40万という結果が出ました。40万で売れたらうれしいなーと思いましたが、できるだけ高値で売ってみようとおもい、このサイトの手順どおり業者に同日同時に集まってもらい査定をしてもらいました。当日は約束時間に5つの業者に来てもらいました。それぞれ挨拶をすませたあと、希望価格を40万円と伝えて車を見てもらいました。もちろん、この日のために車をきれいにしておきました。10分ほどして査定が終り、一斉に価格を提示してもらいました。すると高い業者から25万22万15万10万10万という結果になりました。この時希望価格より全然安くて正直同様しました(苦笑)でも、ここからが勝負だとこのサイトに教えて貰っていたので、ここから交渉をがんばりました。まず初めに25万以上だせる業者が居ないかたずねたところ22万を提示していた業者がいきなり28万円を提示してきました。その金額を聞いた最初の業者はそれ以上だせるという事を言っていたので、この2社で競合してもらおうと思い、まず他の業者には帰ってもらいました。そして、2社だけになったところで競売という事でスタート。1万円単位での入札という事で徐々に価格が上がっていき、最終的に最初に高値を提示した業者が38万円で買取してくれました。残念ながら希望価格に届かなかったですが、12倍以上で売る事ができました。しかし、なぜ40万以上にしてもらえなかったのか、それに納得がいかず率直に聞いてみました。すると、内装の内張りの破れや外装の目立つ傷が無ければ40万以上も可能だったといわれました。確かに、ちょっと扱いが悪くてところどころ使用感が出てしまっていたので、仕方がないかなと思います。でも38万という高額で売れたのはうれしかったです。
どこにでも走ってるような軽自動車だったのですが、4WDモデルという事で雪の降る地域でとても人気がある上に4WDモデルはあまり流通しないそうで希少だったからがんばってくれたそうです。結果的に下取りに出すより35万円も高く売れました。希望価格には届かなかったのでもっと大事に乗っておけばよかったなぁと後悔です。次の車はもっときれいに乗って売る時にはこの経験を活かして相場以上の値段で売りたいですね。
このサイトを見つけてよかったです。
 
クチコミ寄稿者 静岡県在住 40代 男性

 

本査定前に準備して置く事

 
本査定前にしっかりと準備をしておくことで、当日スムーズに契約できたり、より高額査定を実現できます。
どのような事を準備しておくべきかというのを説明しておきますから、本査定の前には見直してしっかり準備しておきましょう。

 

準備する事その1 手続きに必要な書類を準備しておく

 

車を売るにはいくつか必要な書類があります。それらの書類を事前に準備しておけばスムーズに取引ができます。
車の売却に必要な書類
↑のぺージを呼んでしっかり準備しておきましょう。

 

準備する事その2 車をキレイにしておく

 

本査定前には車をきれいにしておきましょう。洗車して汚れを落としておくのはもちろんですが、内装をできるだけ綺麗にしておきましょう。シートのシミやペットの臭い、毛などが付いているとマイナス査定になります。シミなどは少しの努力で抜ける場合もあるのでシミが抜けるようならやっておきましょう。また、臭いもマイナス査定の原因になりますので、無香の消臭剤を利用するなどしてにおいを消しておくといいでしょう。また、エアコンの臭いもチェックして臭いがするようならエアコンの簡易クリーナーで清掃してみるといいでしょう。このくらいなら、低コストで査定ダウンを防げるのでトータルでプラスになります。

 

しかし、外装の傷やヘコミは直さない方がいい事がおおいです。浅い傷なら、目の細かい液体コンパウンドで削るだけで綺麗になる事も多いので、綺麗にしておいてもいいでしょうが、板金塗装が必要なほどの傷やヘコミならば放置しておきましょう。そのくらいの傷になると修理したとしても、修理費>査定額となる為結果赤字となります。

 

準備する事その3 出来れば立会人を一人準備する

 

出来れば本査定当日一緒にいてくれる人を探しておきましょう。一人で複数の業者を相手にするより2人以上で相手したほうが、こちらも落ち着いて交渉ができますし、二人いる事で業者に対するけん制にもなります。
あんまり大人数もよくないですが、一人より二人の方が断然いいです。家族でも友達でもだれでもいいので、ぜひ当日一緒に居てくれる人を探しておきましょう。
 
準備する事その4 純正部品や書類は出来るだけ揃える

 

普通の中古車買取業者の査定では、車が新車に近ければ近いほど査定が良くなります。なので、出来るだけ純正パーツに戻しておくほうが査定では有利です。また、忘れられがちなのが純正の書類です。車の使用説明書やナビの説明書など純正で車に置かれている書類が全て揃っていれば印象も良くなりますから査定アップにつながります。もし、社外品パーツが沢山ついている場合やかなり車をいじっている場合は普通の買取業者では査定ダウンされる可能性が高いので、改造車専門の買取業者を利用しましょう。改造車専門の買取業者なら、こ社外品パーツもちゃんと評価してくれるので、高額査定が期待できます。

 

→カスタムカー・チューニングカーを売るなら

 

 

何故、下取りではダメなのか?買取と下取の決定的な違いとは?

 
下取りがダメな理由は、単純に売却価格がとても安くなるからです。安くなるだけならまだしも、ディーラーによっては下取り手数料を売却代金から差引かれることもあります。

 

下取りはユーザーが車を売ってあげるというより、ディーラーがお金を出して引き取ってあげてるという傾向が強いです。

 

では、下取りにはなんのメリットもないのかというとそうではなく、下取りにもちゃんとメリットがあります。

 

下取りの最大のメリットは”手間が少ない”という事です。

 

下取りの場合、次の車を買う業者に車を買い取って貰うことになるので、次の車の購入手続きと今の車を手放す手続きを同時に進行させることができます。買取は買取業者に車を売るのと、次の車を買うのと作業が平行して進むので下取りより手間がかかります。また、車の手放すタイミングと次の車の納車のタイミングが合わせやすく、自分の車が無いという期間を無くす事ができます。買取の場合、手放してから入金まで数日かかったり、次の車の納車前に車を手放さなければならなくて代車が必要な期間出来てしまったりという事があります。

 

ずばり、買取と下取りの決定的な違いとは

 

かかる手間の大きさと売却価格です。

 

下取は、かかる手間は小さいが売却価格も安い
買取は、かかる手間は大きいが売却価格は高い

 

ですから、車を高く売りたいなら下取ではダメなんです。

 

なぜ、下取の売却価格は買取よりも安いのか?

 

下取りでの売却価格が買取よりも安くなるのにはいくつか理由があります
その理由とは、

 

  • 下取と買取の相場は違う相場になっている
  • 下取は競合させられない
  • 下取をするディーラーは中古車が利益のメインではない
  • 基本的にディーラー他社の車に高い価格をつけない

 

といった事が主な理由です。

 

 
・下取と買取の相場は違う相場になっている

 

中古車買取業者が基準としている車の相場価格と下取の基準となる相場価格は違うそうです。
買取の相場と下取の相場では、下取の相場の方が安くなっているので買取より売却価格が安くなってしまいます。
 
・下取は競合させられない

 

下取りは、次の車を買う業者にしか出来ません。なので、買取のように競合させられないので価格を競り上げることができないんです。下取りは有る意味業者側の言い値での売却になってしまうので、買取より高く買い取ってくれることは無いでしょう。
 
・下取をするディーラーは中古車が利益のメインではない

 

買取業者は中古車を仕入れて、流通させる事を主として利益を出し営業しています。なので、需要が高く確実に売れる車は確実に利益を生んでくれる事が分かっているので是が非でも欲しいわけです。ですが、ディーラーなどは、基本的に新車を売った利益で営業しております、なので別にその車を無理に下取する必要はないんです。
 
・基本的にディーラー他社の車に高い価格をつけない

 

ディーラーで車を下取りしてもらう時、もし下取りしてもらう車が他社の車だつた場合特に安くなってしまうことが多いです。昔、マツダ地獄と呼ばれていた事例で言うと、マツダ車がマツダ以外で下取り価格に出すととても安かったのでマツダを買ったら次もマツダで買わないと、まともな下取価格がつかないという事がありました。そのため、マツダ車の次はマツダ車を買ってその次も・・・・・といった事がありました。現在はそこまで露骨な事はありませんが、やはりディーラーでは他社の車が安くなってしまう傾向ああるので次の車がトヨタで今乗っているのがホンダだった場合、買取業者の方が適正価格で買い取りしてもらえます。かといってトヨタ車をトヨタディーラーに下取りしてもらったら高くなるという事は無いようです。その場合はあくまで相場に下だった金額を提示されるでしょう。

 

このような理由で、下取りの売却価格は安くなってしまいます。
車を1円でも高く売りたいなら一括査定サービスで業者を比較し、高く買い取ってくれる業者に高く買取してもらうことが必要となってきます。

 

高額査定を実現する車を良質な状態に保つ為の習慣

 

高額査定を実現させる為の様々なテクニックを学びましたが、結局のところ一番大事なのは

 

車両の状態

 

です。

 

いくら、高額査定を実現させるテクニックがあったとしても車両の状態が悪ければ相場以上の高価買取を実現するのは難しいでしょう。

 

もちろん、車の状態がよくなくても高額査定を実現させるテクニックがあれば普通に売るより高く売れる事は間違いありません。

 

ですが、相場より何十万円もアップした超高額査定を実現するのには、車両状態が良いということがはずせない条件となってきます。

 

では、車両状態の良し悪しは何で出るか。それは、車の使用の仕方と習慣に現れます。

 

車の状態を良好に保つ習慣と使い方を心がけていれば、高額査定実現はグッとやりやすくなります。

 

車の状態を良好に保つ為の車の使い方と習慣

 

  • 屋根下またはカーポートで保管する
  • 定期的に点検整備を実施する
  • 少なくとも2週間か3週間に1度は洗車する
  • 鳥のフンや虫の死骸が付いたら出来るだけ早く取り除く
  • 車内でタバコを吸わない
  • 車内でできるだけ飲食はしない
  • シートカバーを付ける
  • 走行距離を出来るだけ伸ばさない

 

のように車を大事に乗る事で良い状態を保つ事ができます。特に特別な事をするよりも、モノを大切にする当り前の事をしていくのが大切です。

 

 
・屋根下またはカーポートで保管する

 

車の保管場所はかなり車の状態を左右します。露天駐車はどうしても、雨風や直射日光にさらされ続けるため車のボディやヘッドライト、内装が焼けてしまったり雨などで水垢になってしまいます。一番最高なのは雨風紫外線太陽の熱全てから守れる車庫保管が理想ですが、カーポートなどで屋根があるだけでも車の状態維持にはかなり役に立ちます。できるだけ、良い条件の保管場所を確保するようにしましょう。

 

・定期的に点検整備を実施する

 

消耗品やオイルなどの交換が必要なものは定期的に交換し、車に異常がないか点検をしましょう。業者にまかせてもいいですし、自分で勉強してやるのもいいでしょう。特にオイル類やクーラント、ブレーキフルードなどは重要な消耗品ですので定期的に必ず交換しましょう。
 
・少なくとも2~3週間に1度は洗車する

 

洗車せずに車を汚れたままにしておくと、ボディが痛みます。特に白い車は目に見えて黒ずんだりボディが水垢でくすみます。コーティングされている車は洗車しないと折角のコーティングが早く落ちる原因にもなります。洗車は定期的に行いましょう。また、洗車機ではすみずみまで綺麗にできず、機械による強い摩擦でボディにごく小さい傷が無数についてしまいます。できるだけ手洗い洗車を心がけましょう。

 

・鳥のフンや虫の死骸が付いたら出来るだけ早く取り除く

 

鳥のフンや虫の死骸がボディに付着してそのまま放っておくと、ボディの塗装面に侵食しダメージを与えます。なので、異物が付着した場合は速やかにきれいにしましょう。そのまま、放置した場合そこだけ色がおかしかったり水をはじかなくなったりします。

 

・車内でタバコを吸わない

 

車内でタバコを吸うと車のありとあらゆる部分にタバコのヤニや臭いが染み付きます。これはかなりしつこい為落とす事はほぼ不可能です。タバコ臭い車内の車は査定が大きく下げられます。清潔な車内を維持するためにも車に乗りながらの喫煙は止めましょう。

 

・車内でできるだけ飲食はしない

 

車内で飲食をすると食べこぼしや飲みこぼしでシートを汚染する可能性があります。特に紅茶などの着色性の高い飲み物やスナック菓子などの粉になるようなものはシートのすきまに入り込んだりシートにシミをつける原因になります。できるだけ、社内で飲食はしないようにしましょう。

 

・シートカバーを付ける

 

シートの状態は査定にかなり影響します。シートカバーを付ければシートの劣化をかなり防ぐことができます。
売却するときはカバーをはずせば表面はほぼ新品の状態なので査定にもプラスに働くでしょう。

 

・走行距離を出来るだけ伸ばさない

 

これは、車の使用頻度や目的によってかなり左右されてしまうので意識してどうこうできるものではありませんが、走行距離はできるだけ少ない方が高くうれます。中古車市場では走行距離は中古車の状態を表す大きな指標となるのでできるだけ走行距離を多くしないように出来ればより有利です。

 

 状態が良い車・高く売れる車の特徴

 

  • 外装がキレイ 
  • 内装がキレイ
  • エンジンや機関部が良好
  • タイヤの溝が多い
  • 走行距離が少ない
  • 年式が新しい
  • 純正オプションが付いている
  • 限定モデル
  • 人気車種
  • 人気色
  • 車検が残っている
  • 市場流通量が少ない

 

といった条件をなるべく満たしている車が高く売れる車です。
つまり、「新車で購入してまだ日の浅い人気車種の人気色で数量限定モデルで純正オプションもりもり車検が残っておりあまり中古市場に出回らない車」というのが高く売れる車なんですね。

 

といってもそんな条件の車はほとんど無いでしょうが・・・・・

 

 

・外装がキレイとは

 

傷やヘコミが無い
塗装にツヤがある
ヘッドライトがくすんで無い
サビや塗装の剥がれ無い
色あせがない
水垢が付いていない
汚れていない
純正色である(全塗装により色替えや塗り替えをしていない)
うすい擦り傷が無い
板金塗装で修理していない
ガラスに傷が無い
ガラスに社外品フィルムを張ってない
etc…..
例としてあげたように、外装ができるだけキレイなほうが高額査定になります。外装の状態は日ごろの手入れの具合や保管場所の条件が如実にあらわれますから普段から車をキレイにするクセをつけておくと良いでしょう。
 
・内装がキレイとは

 

ダッシュボードなど擦り傷が無い
内装の樹脂部品にワレやヤケが無い
ペットやタバコなどの臭いがしない
車内が嫌なにおいがしない
天井やシートにシミやタバコのヤニが付着していない
ペットの毛などがシートやフロアに付着していない
シートがへたっていない
天井がたるんでいない
etc……

 

例としてあげたように、内装も新車に近いような状態が高額査定になります。普段からキレイに使う意識を持っておけば数年使用してもキレイな状態はキープできます。日ごろからキレイに使う意識をもちましょう

 

・エンジンや機関部が良好

 

エンジンが一発で始動する
アイドリングが安定している
クラッチがすべっていない
ノッキングがおきない
異音がしていない
ブレーキは静かに効く
エンジンオイル・エレメントが定期的に交換されている
etc…..

 

例としてあげたように、定期的に点検整備を行っていれば査定で大きくマイナスされることは少ないでしょう。
日ごろから車の変化に気をつけていれば、故障前に保全修理をする事ができます。

 

・タイヤの溝が多い

 

タイヤは新しいほうが査定が高いです。ですが、わざわざ新しくする事もないのであくまで、溝が多かったら理想的というところで留めておきましょう。

 

・走行距離が少ない

 

中古車情報サイトが走行距離で絞り込めるようになっていることからもわかるように、走行距離は中古車の状態を測る上でわかりやすいステータスとなります。できるだけ走行距離は少ないほうが有利です。
 
・年式が新しい

 

年式は新しいほうが査定は高くなります。10年落ちと呼ばれるように10年を越すとガクっと査定が下がります。
・純正オプションが付いている

 

純正フルエアロや、ナビなどの純正オプションパーツがたくさん付いている車は高値で取引されています。
そのパーツ点数が多いほど、良い査定になりやすいです。

 

・限定モデル

 

車種の中でも様々なモデルがありますが、その中でも周年記念限定車などの数量限定モデルは人気車種ほどプレミアがつきやすく、同じ車種の他のグレードより高価買取が期待できます。

 

・人気車種

 

多くの人に需要のある人気車種であれば、需要も高く仕入れてもすぐに売れるので高価買取してもらえます。逆に売れにくい不人気車種は安くなってしまいます。

 

・人気色

 

白や黒といった定番人気色の車は、不人気色の銀や特殊色(オレンジなど)より高値で買取されるようです。
 
・車検が残っている

 

車検が残っている車は売れやすい為、高値での買取りに繋がりやすいです。かといって、車検が切れそうな車をわざわざ車検に通してから売るというのは赤字になるので、気をつけましょう。

 

・市場流通量が少ない

 

市場流通量の少ない希少な車(そもそも販売台数が少ないなど)は高く売れます。ものによってプレミア価格で取引されている為非常に高価買取となる場合もあります。

 

査定サービスを利用して車売るのにデメリットとか気をつけた方がいい事はあるのか?

 

多数の業者に一括で査定依頼を出せたり、車の相場をすぐに教えてくれる一括査定サービスは無料でつかえるので、とても人気のサービスです。

 

私たちユーザーには、車を高く売れたり、相場を知れたり、業者を探したり、いちいち一件一件連絡する手間を省けたりととてもメリットの多いサービスです。

 

そのサービスが無料でだれでも簡単に使えるというのだから、使わない手はないですよね。

 

ですが、無料で便利となればなにかデメリットがあるんじゃないか?と疑って躊躇してしまうのも人間の心理です。

 

たしかに、無料でこれだけ便利なサービスが使えるとるとなにかデメリットがあるのではないかと心配するのも仕方がないですよね。

 

物事は表裏一体、光があれば闇があるようにどんな物事にもメリットとデメリットは必ず存在します。

 

では、一括査定サービスのデメリットとはどのような事なのでしょうか?

 

一括査定サービスのデメリット

 
「業者からのメールや連絡が大量に来る」

 

一括査定サービスの特徴として、複数の業者にまとめて仮見積もりなどの依頼を出すわけですから、当然同時に多くの業者から連絡が入ります。同時にたくさんの業者からメールや電話がくるってなんかちょっと不安ですよね。でも、安心してください。車買取業者は連絡をとったからとぃって料金が発生することもないですし、もししつこく電話があるようなら「もう車うりましたから」といえばもう連絡はこなくなります。メールは各業者から広告のようなものが届くこともありますが、それはGmailやYhooMailなどで一括査定用のアドレスを取得してそこに一挙にまとめれば解決します。きちんとした対処方をもってすればたいしたデメリットではないですね。

 

と、一括査定サービスのデメリットはこれぐらいですね。
他はデメリットというデメリットはないんですね。

 

個人情報を入力するのでためらわれるかもしれませんが、現在は個人情報に対して厳しい法が整備されているため個人情報を入力したからといって変なとこから電話やメールがはいったりという事は無いでしょう。
業者の方も、車が売れたとわかってしまったらそこから連絡は無くなります。もし、しつこく電話してくるようなら、消費者生活センターや、その会社の本部に担当者の名前と営業所と電話番号を告げてやりましょう。もしくは、着信拒否という手もあります。まあ、一括査定サイトに登録されている業者は一定の水準以上の業者ばかりなので、そのような事は滅多にないでしょう。

 

当サイトでは、優良な一括査定サイトだけ紹介して、あなたの役にたてたらという願いで日々情報収集に努めています。

 

私自信も、車に乗るので自分集めた情報で実際に車を売ったりして日々経験をつんでいます。

 

話が逸れてしまいました・・・・

 

つまり、一括査定サイトにはためらうほどのデメリットはナイという事なんですね。

 

完全無料なので、お金が発生することはありません。
高価買取のためにも絶対使ったほうがいいサービスです。

 

私も、このサービスがないと高価買取実現は大変骨の折れる作業となってしまいそうです。
本当にこのサービスが出来てべんりですね。
良い世の中になったもんです。

 

 

ローンが残っている車を売るのもOK

 
「車を売りたいけど、まだローン残ってるしなぁ〜〜」とお悩みのあなた。
ローンが残っている車を売れないなんて誰が決めた?

 

安心してください!ローンが残っている車を売るコトは出来ます。

 

ただし、普通の車を売るのとは違いローンの残りがある車を売るには少々注意点があります。

 

まず、その車の名義の確認が必要です。

 

といっても、車検証に名義が書かれていますので確認は簡単です。クルマの中の車検証を見れば所有者はすぐにわかります。

 

もしも、車の所有者名義が自分以外の名前だった場合は、売る前に名義を自分の名前にしておく必要があります。

 

そして、その為にはローンを完済することが求められます。
ローンを完済すれば所有者名義をあなたにする事できます。

 

と、いわれてもローン残債をパッと返せれば苦労はしません。なので、まず別のところかお金を借りるしかありません。

 

しかし、ここで問題が発生します。それは、どこでお金を借りるか?という事です。

 

ローン残債がある車を売る際に現在のローンを完済するのにお金を借りる方法が2つあります。
1つは、銀行などでお金を借りるということです。
もちろん、この場合は車の名義を自分にできるローンに限り有効です。近くの銀行に問い合わせてみましょう。

 

2つ目は、車を売る事を条件に、買取業者に一時的に代金を立て替えて貰うという方法です。

 

買取業者の中にはローンの残っている車を売る事をサポートするサービスを取り揃えている業者があります。
そのような業者に車を売るなら、手続きやお金の事などもサポートしてくれるでしょう。

 

なので、ローンが残っている車でも売却は可能です。

 

ただし、車の査定価格が安かった場合ローンを完済できない可能性があります。
なので、できるだけ高く買ってくれて、ローンが残っている車を買取サービスを整えている業者を見つける必要があります。

 

そこで、役に立つのが一括査定サービスです。査定依頼時に、ローンが残っている旨を伝えればどこかの業者が適切なサポートをしてくれるはずですし、複数の業者に対してアプローチすればどこかが必ず救いの手を差し伸べてくれます。

 

ローンが残っている車こそ、一括査定サービスが有効です。
出来るだけ高く車を売って残債がなくなるようにしたいですね。

 

ちなみに、ローンの残債と車の売却代金が相殺できず、ローンが残ってしまった場合は引き続き毎月ローンの支払いをする事になります。

 

そうなった場合でも一括査定サービスで高値で売れば、できるだけ残債を減らせて楽に返済が出来ます。

 

ローンが残っている車だからこそ、一括査定サービスを使いましょう。

 

車を売る価格は日に日に下がっていく!?高く売るなら早く行動する事が大切

 

 

車の売却価格は、グレード・色・状態・年式・車種・オプションなどの様々な要素が絡み合い決定されます。
その中でも、特に大きく価格に影響するのが、年式です。年式の使用経過年数自体も査定に大きく関係しますが、時間経過による劣化の方も大きく関ります。

 

車も形ある物ですから、生産された日から徐々に劣化が始まります。ですから、車の状態は日に日に悪くなっていっているいくというのは想像に難くないでしょう。

 

車の劣化=売却価格の下落ですから時間の経過=車の劣化ならば
時間の経過=車の劣化=売却価格の下落という事になります。

 

つまり、時間が経つにつれて、売却価格も減少していくんです。

 

なので、車は遅く売れば遅く売るほど安くなってしまいます。その価値も毎日使う車であればおよそ10年で0に近くなってしまうでしょう。

 

中古車市場用語で10年落ちというのがありますが、初年度登録から10年経過しているという意味です。
中古車市場価格を見て分かるように、10年落ちと9年経過の車では販売価格が随分違っています。

 

車の売却価格は日に日に安くなっていきます。車を売る予定があるのなら、できるだけ早く決断して行動をした方が車は高く売れます。

 

車の相場価格は、時期や市場流通数によって変動しますからもうちょっと待ったほうが高く売れるんじゃないか?高く売れる時期があるんじゃないか?と思われがちですが、それは半分正解で半分不正解です。
たしかに、大規模災害などで中古車需要が爆発的に増えたり、たまたま市場流通数が少なくなったりして価格が高騰することはありますが、その可能性は本当に微々たるものです。

 

そのように、高くなるタイミングを見計らって待っているうちに時間の経過によって車の価値が目減りし、売却価格が安くなってしまう可能性の方がずっと高いです。また、待っているうちにモデルチェンジや車会社の不祥事、その車種の市場流通量の増加などの原因で市場価格が下がってしまうという事も考えられます。

 

売ると決めてているなら、早く行動する事が、高額売却には必要です。
もたもたしているうちにあなたの車の売却価格を下げてしまうかもしれません。

 

なので、できるだけ早く行動する必要があるんです。

 

車の買い替えや転勤などの都合で売却する予定があるなら出来るだけ早く動き始めましょう。
そして、その行動の第一歩は今すぐにでも可能です。

 

それが、一括査定サービスを使う事です。

 

一括査定サービスを使えば、自宅にいながらしかもインターネットでたった1分程度の情報入力をするだけで、あなたの車の市場価格や査定価格がわかります。

 

さらに、どこが高く買ってくれるか?というのも一目でわかるので大変便利なサービスです。

 

利用料もまったくかからない無料サービスですから、まず最初の行動の一歩として利用してみてはいかがでしょうか?

 

なにか行動しはじめると後はトントン拍子で進んだりしますね。

 

一括査定サービスを利用するなら「ズバット車買取比較」が万人向けでオススメです。

 

ズバット車買取比較の詳細を見てみる

 

車買取VS下取 車買取が下取よりも高く車が売れる理由とは

 

 

車を売る方法は大きく分けて2種類あります。その2種類とは、買取と下取です。
一般的に車を売るならこの2種類のどちらかを選ぶことになるでしょう。

 

では、どちらを選べばいいか?というのはあなたが重視する事によって変わってきます。
車を売る目的や重視する事柄別に車買取と下取をガチンコ勝負してみましょう。
 

買取VS下取 ガチンコ5本勝負

 
1本目 高価買取

 

勝者 買取

 

車を売るなら誰しもが「壱萬円でも高く買ってもらいたい」と思っている事でしょう。
高く買い取って貰いたいのなら、間違いなく買取の方が高く買い取って貰えます。
高価買取を狙うなら、下取りではなく買取して貰いましょう。
 
2本目 売却までにかかる手間

 

勝者 下取
 
車を売るのにかかる手間は下取りの方が少ないです。下取りは次の車を買うディーラーなどにしてもらう事になるため、次の車の手続きと同時進行が出来たり、次の車の納車のタイミングと車を手放すタイミングを合わせやすかったりとなにかと手間が少ないです。手間をかけないことに重点を置くなら下取がいいでしょう。ただし、買取価格が高くならないので注意しましょう。

 

 
3本目 売る車が事故車だった場合の売却

 

勝者 買取

 

売る車が程度を問わず事故車だった場合は、買取の方が高く買いとって貰えます。下取の場合は最悪値段がつかず、廃車費用を請求される場合があるので査定0円どころかマイナスになってしまいます。下取で査定0円で廃車費用が請求されるような車でも買い取ってくれる業者があります。買取業者はそれぞれ独自化されており、それぞれが得意な車があります。それは、車のタイプにとどまらず事故車買取が得意な業者もあるんです。なので、事故車を売るときは専門の買取業者に依頼すると良いでしょう。

 

事故車買取なら実績のあるタウがおすすめです。

 

「事故車買取タウの詳細をみてみる」

 

4本目 改造した車を売る場合

 

勝者 買取

 

改造車やチューニングカーを売りたいなら、下取ではなく買取の方がいいでしょう。
下取りだと、改造車はマイナス査定とされることがほとんどです。ですが、買取ならば、改造車・チューニングカーを専門に買取っている業者も選べるため、改造している事がプラス査定になります。改造している車を売るなら、専門の買取業者を使いましょう。

 

改造車チューニングカー買取専門のTCS

 

5本目 車の査定見積もりから現金化までの速さ
 
勝者 買取

 

買取業者の中には、現金化までの早さを得意としてる業者もあります。取引のスピードは買取業者に軍配があがります。できるだけ迅速に取引をして、現金化したいという人は買取を利用しましょう。

 

買取と下取でガチンコ勝負をしてみましたが、買取の方が多様性もあるので何かと車を売るのには有利です。ただ、車を買い替える時に、「車を買う」ということと「車を売る」という事を同時にすすめられるというのは下取りの方が有利です。それ以外なら、買取の方が有利なので、買取業者を利用するほうがいいでしょう
下取りは「安くてもいいから手間が無いほうがいい」という人向けです。それ以外ならば、買取業者に買取して貰いましょう。

 新車購入の最大の節約方法は、車を上手く売る事が秘訣!

 
新車購入する際に、値引きなどで購入価格を安くしてもらって節約するのは誰もがしている事です。
ディーラーやメーカー、車種によって割引率もかなり変わってきます。それに、値引きでは5万円〜10万円の節約はできるでしょうが所詮はそこまでが限度です。もっともっと新車購入で節約するなら、今乗っている車を出来るだけ高く買い取ってもらうことがポイントとなります。

 

車をもし、新車購入先に下取りに出そうとしているなら、それは節約という面から見るとNGです。
高く買いとってもらってその代金を新車購入代金と相殺することで、負担を減らすなら出来るだけ高く買い取って貰う必要があります。

 

それなら、車は下取りに出さず、買取して貰いましょう。

 

車の下取と買取では大きく買取価格に差がでます。
場合によっては30万円以上差がでる場合もありえます。

 

30万円違えばかなり違いますよね。オプション代金全部まとめて相殺できるほどには違ってくるでしょう。

 

しかし、ただ買取りして貰えばいいというわけではございません。
高値買取を実現するならば、複数の買取業者に査定してもらってより高く買ってくれる業者を探し出す必要があります。

 

というとなんだか面倒な感じがしますが、今はとっても便利なサービスがあるのでそのサービスを使えばすぐに出来てしまいます。

 

それが、車買取一括査定サービスです。

 

買取一括査定サービスを使えば、たった1分程度の作業で、買取業者に一度に連絡を飛ばすことができます。
しかも、業者から仮見積もりの返答がきたり、車の相場がわかったりと車を売るのに重要な情報も手に入ります。

 

車の相場を知る事は適正価格を知る上で非常に重要です。この一括査定サービスを使えば、車の相場が一発でわかってしまいます。

 

この相場情報で適正価格を知り、仮見積もりを見て高く買取りしてくれそうな業者を絞り、一括査定サービスの一括本査定依頼を利用して、本査定依頼を出す。これだけで、高価買取は十分見込めます。

 

さらに、高価買取を目指したいならこのページの上部の方法を試してください。

 この記事を読んだ人は他にこんな記事を読んでます

 

損しない車を売る時期の見極め方

 

車を下取りに出す人は査定額を見て相場を知っておこう

 

査定を受ける前に準備しておくべき5つの事

 

車を売る時の5つの注意点を解説!

 

マフラー交換をするメリットとデメリット

 

モテる人はやっている?助手席でさり気なく出来るドライバーが喜ぶアレコレランキング

 

ズバット買取の評判とクチコミ・詳細と利用するなら知っておきたいポイント

 

要らなくなったOR故障した車をスマートに処分する方法

 

事故車・不動車は処分費用を払うな!買取専門業者へ売るのが一番お得!

 

お金が無い!?車の維持費をどうにか安くする方法ー車を最も安く持つ方法ー

 

新車を買った人に聞いた!新車選びの基準は何でしたか!?

 

免許とりたて!初心者が最初に買うべき車10選

 

本査定の前に!中古車査定士がチェックするポイントを知っておこう 


関連ページ

損しない車を売る時期の見極め方
ヤフオク・個人売買で車を売る時に必要な手続き
知人・友人・親戚などに車を売る方法と注意点
車を売る時の交渉術・高く売るテクニック
車を売るのがめんどくさい時のラク〜な売り方
車を売る時に知っておきたい基本知識
車を即金で売りたい場合の売り方を解説
所有者名義がディーラー名義になっている車の売り方
外車を高く売る方法・ポイントを解説します
早く売ろう!自動車税を払い忘れた車でも問題なく売れる
ホイールの洗い方!徹底的にキレイに掃除する方法
エンジンルームを綺麗に掃除する方法
ヤフオクで車を売る方法をわかりやすく解説
ローン返済中の車を売るたった1つのポイント
走行距離8万kmの車は高く売れる?買い替え時は?
10万km以上走った車を売るポイント
車を売る時の引き渡す前に準備しておく事
バッテリー切れの車を売るポイント
ぶつけた車を売るポイント
故障している車を売るポイント
改造車を高く売るポイント!純正戻しは不要
事故車を売りたい時に使うべき2つのサービスとは?|iVehicle
動かない車を売るポイント
ボロボロの車を売る確実な方法
中古車を高く売るオススメの方法は?|iVehicle
新車が高く売れるタイミングは?|新車を高く売るポイント
車を高く売る方法
車を下取りに出す人は査定額を見て相場を知っておこう
査定を受ける前に準備しておくべき5つの事
車を売る時の5つの注意点を解説!
少しでも高く車売る為に自分で出来る査定UP方法
車どこで売るのがベストなのか?ケース別に徹底解説
古い車は売れない?高く売る方法を教えます
査定士はココを見ている!車を売るなら知っておきたい査定のポイント
あなたの車の売却相場を調べる2つの方法
中古車買取業者を利用するメリットと選び方
ここを見れば一発!車買取業者の特徴とクチコミを一挙まとめ
ズバット買取の評判とクチコミ・詳細と利用するなら知っておきたいポイント
車買い替え時に必要な自賠責・任意保険の手続き
本査定の前に!中古車査定士がチェックするポイントを知っておこう
中古車一括査定を利用して最も高い査定額を調べよう
ズバット車買取比較の良い所はこんなとこー体験者レビューもご紹介!
車を売る時に必要なものをまとめ!
傷ありの車を高く売るポイント
初めて車を売るあなたが知っておくべき全て
残クレで買った車を売りたい!!売り方を簡単に解説
新車に買替える時はどこに車を売るのが得?
中古車へ買い替える時はどこに車を売るのが得?
車をオークション代行で売る方法!やめた方がいいのはこんな人!
車を売る時の流れを売り方別にシンプルに解説
車をオークション代行で売る時の流れをシンプルに解説
車を下取りしてもらう時の流れをシンプルに解説
車を買取してもらう時の流れをシンプルに解説
車を個人売買するときの流れをシンプルに解説
車を委託販売で売る時の流れ・メリット・デメリットを解説

ホーム RSS購読 サイトマップ