車を売る時に必要なものをまとめ!

車を売ったり、下取りに出す際には書類一式と印鑑を揃えておかなければ手続きが出来ません。

 

車の売却や下取りしてもらう事を決めたなら、スムーズに手続きが進められるようにあらかじめ書類一式を準備しておきましょう。

 

車を売る&下取りの際に必要となる書類

 

車を手放す際に必要な書類は「普通自動車」「軽自動車」では若干異なります。

 

普通自動車を売る際に必要な書類

 

  • 自動車検査証(通称 車検証)
  • 自動車納税証明書(通称 納税証明書)
  • 自賠責保険証(通称 自賠責)
  • 実印
  • 印鑑登録証明書(通称 印鑑登録)
  • 自動車リサイクル券預証明書(通称 リサイクル券)

 

の6つが自分で準備しなければいけない書類です。

 

また、その他にもディーラーや買取業者が準備してくれて、こちらが記入する
 
委任状・譲渡証明書

 

車検証の住所が現在の住所と異なっている場合に必要なのが

 

住民票

 

です。

 

軽自動車を売る際に必要な書類

  •  
  • 自動車検査証(通称 車検証)
  • 軽自動車税納税証明書(通称 納税証明書)
  • 自賠責保険証(通称 自賠責)
  • 認印 (軽自動車は実印でなくてもOK)
  • 自動車リサイクル券の預託証明書

 

軽自動車は普通自動車のように実印と印鑑登録証明書が必要ない為、手放す際も簡単です。

 

ほとんどの書類は、車検証一緒に保管されているであろうものですから、車検証入れにはさまっているでしょう。

 

ですが、特に納税証明書のように毎年あたらしくなる書類は、紛失してしまいやすいです。

 

もし、紛失した場合どうするかも次の各書類の解説で説明していきます。

 

自動車検査証(車検証)

 

一般的に車検証と呼ばれる書類です。

 

その自動車の所有者や車の仕様や型番、車検時の走行距離などの重要な情報が記入されている書類です。

 

この書類が無いと車を売る事ができません。

 

必須書類の一つです。

 

法律で車の中に常に保管しておくことが義務付けられているため、ほとんどの車のグローブボックス(ほとんどが助手席側の正面についている収納)に車検証カバーをつけた状態でしまっています。

 

車を売る以外にも、自動車の任意保険に加入したりするのにも必要な書類なので、大事に保管しておきましょう。

 

もしも、車検証を紛失してしまったら?

 

各地の運輸支局で再交付してくれます。
問い合わせてみましょう。
再発行の方法には、自分で手続きをするか、車検証代行サービスを利用するかのどちらかとなります。

 

車検証代行サービスは3000円ぐらいで請け負ってくれます。

 

 

自動車税納税証明書(納税証明書)

 

毎年5月に請求が来る、自動車税の納税証明書です。自動車税を納めていれば必ずもらえる書類です。

 

5月に自動車税を支払いしたら必ず昨年度分と入れ替えておきましょう。車検証と一緒に車検証カバーに保管しておくのがオススメです。

 

もしも、自動車税を納税していなかったら?

 

自動車税を納税していなかった場合は車を売る事ができません。なので、早急に支払っておく必要があります。

 

もし、支払い金額や方法がわからない場合は、買取先やディーラーで相談するか、直接自分の住んでいる地域の自動車税事務所や陸運局、市区町村に問い合わせてみましょう。

 

もしも、納税証明書を紛失してしまっていたら?

 

納税証明書はすぐに再発行が可能です。

 

自分で再発行する場合は、自分の住んでいる地域の自動車税事務所か、陸運局、市区町村に問い合わせてみましょう。

 

車検証と認印があればすぐに再発行できます。

 

もし、車検証も紛失しているならば先に車検証を再発行しないと納税証明書は再発行できません。

 

自賠責保険証(自賠責)

 

自動車所有者全員に義務として加入が強制されている自賠責保険の保険証です。

 

通常は、車検証と一緒に車検証カバーにいれられ、車のグローブボックス(多くの車種で、助手席側証明にある)に保管されています。

 

自賠責保険証を紛失していた、又は自賠責保険が期限切れだった場合は名義変更が出来ない為、車を売る事ができません。

 

もし、自賠責保険が期限切れだったら?

 

まずは、自分の加入している自賠責保険の保険会社に問い合わせてみましょう。

 

もし、どこの保険会社で自賠責保険に加入していたかがわからないなら、加入している任意保険の保険会社や事務所に問い合わせてみるといいでしょう。

 

それも、わからないようなら車を購入したディーラーや販売店に連絡してみましょう。

 

そして、再加入手続きと保険金の支払いをしてしまいしょう。

 

  もし、自賠責保険証を紛失してしまったら

 

期限切れだった場合と同じく、自賠責保険の加入会社に問い合わせて再発行をして貰いましょう。

 

もし、どこの保険料会社だったかがわからない場合は、任意保険に加入している保険会社か、車を購入したディーラーや車販売店に問い合わせて見ましょう。

 

実印と印鑑登録証明書

 

売る車が普通自動車だった場合、印鑑登録証明書とその実印が必要です。軽自動車を売る場合は、普通自動車と違い認印でOKです。

 

認印でいいので印鑑登録証明書も必要ありません。ただし、シャチハタではダメなので注意しましょう。

 

なぜ、実印と印鑑登録証明書が必要なのか?

 

名義変更する際の委任状と譲渡証明書を作成する際に必要となります。もし、実印と印鑑登録証明書が無ければ委任状と譲渡証明書を発行できないため、車を売る事ができません。

 

軽自動車の場合は、委任状と譲渡証明書なしで車の名義変更が可能なので実印と印鑑登録証明書が必要ないんです。

 

印鑑登録証明書とは?その発行方法と期限

 

印鑑登録証明書とは、市区町村に登録している正式な印鑑である事を証明する書類です。

 

自分の住んでいる自治体の役所で発行できます。

 

手数料は地域によって異なりますがおおよそ数百円程度でしょう。

 

申請書類を記入して実印を登録して発行されます。

 

印鑑登録証明書は3ヶ月以内のものでないとダメなので、古いものを持っていたとしても持っていかないようにしましょう。

 

そのため、車を売る際には新たに発行して持っていくといいでしょう。

 

また、マイナンバーカードを持っていれば、コンビニで発行できます。

 

 

自動車リサイクル券の預託証明書(リサイクル券)

 

リサイクル券は、リサイクル法という法律に関係する重要な書類です。車検時に必要となる為、ほとんどの場合車検証カバーの中に車検証と一緒に保管されているはずです。

 

グローブボックスの中の車検証カバーを確認してみましょう。もし、車検証と一緒に保管されていないようでしたら、紛失の可能性が高いです。

 

もし、自動車リサクル券の預託証明書を紛失してしまったら?

 

紛失してしまった場合は自動車リサイクルシステムというホームページに必要な情報を入力する事で、自動車リサクル料金の預託状況という書類を印刷することで代用できます。

 

自動車リサイクルシステムへアクセスする

 

自動車リサイクルシステムで自動車リサイクル料金の預託状況を印刷するには

 

まず、上記リンクで自動車リサイクルシステムのページへ飛びます。

あなたのクルマのリサイクル料金は?をクリック

車検証を見ながら入力フォームへ入力する

入力フォームのページ右下にある検索ボタンをクリック

次に表示されたページで「預託済み」と表示されていたら、右下の料金表示ボタンを押す

表示された書類を印刷する

 

という手順で作業を行います。車検証さえ手元にあれば所要時間5分ほどで入力か印刷まで出来ます。

 

 

住民票の写し

 

引越しをしたりして、印鑑登録証明書とその他の書類の住所が統一されていない場合に必要となります。

 

印鑑登録証明書が不要な軽自動車を売る場合には引越しで住所が変わっていても住民票は必要ありません。

 

住民票の写しは、各自治体の役所で数百円で発行してもらえます。

 

また、マイナンバーカードを持っていれば、コンビニで発行できます。

 

委任状と上等証明書

 

委任状とは

 

クルマの名義変更手続きを代行してもらうのに必要な書類の事です。クルマの名義変更は車買取店やディーラーが行うので、この書類を作成する必要があります。

 

譲渡証明書

 

その名の通り、車を譲り渡したという証明になる書類です。

 

どちらも、実印がないと作成が出来きません。多くの場合、ディーラーや買取店に行ったときに「書いてきてください」とお願いされて後日持っていくようになるか、その場で作成するようになります。どうなってもいいように、ディーラーや車買取店に行く時には実印を持っていくようにしましょ。

 

軽自動車を売る場合は、認印でいいので実印を準備する必要はありません。

 

 

では、最後に必要な書類をおさらいしておきましょう

 

普通自動車を売る際に必要な6つのもの

 

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車納税証明書(納税証明書)
  • 自賠責保険証(自賠責)
  • 実印
  • 印鑑登録証明書(印鑑登録)
  • 自動車リサイクル券預証明書(リサイクル券)

 

必ず必要ではない書類

 

  • 住民票

 

買取側が準備して、こちらが記入する書類
 

  • 委任状
  • 譲渡証明書

 

 

軽自動車を売る際に必要な5つの書類

 

  • 自動車検査証(車検証)
  • 軽自動車税納税証明書(納税証明書)
  • 自賠責保険証(自賠責)
  • 認印 (軽自動車は実印でなくてもOK)
  • 自動車リサイクル券の預託証明書

 

 

再発行となると手間がかかったりしますから、車を売るという事を決めたら早めにすべての書類がそろっているかどうか確認しておきましょう。

 

書類が揃わず、車買取がスムーズに行われないと無駄な時間をかけてしまう事になります。

 

必要書類を把握して、事前に準備をしておけばスマートに車を売る事ができますね。

 

早めの準備を心がけましょう。

 

 この記事を読んだ人は他にこんな記事を読んでます。

 

損しない車を売る時期の見極め方

 

車を下取りに出す人は査定額を見て相場を知っておこう

 

査定を受ける前に準備しておくべき5つの事

 

車を売る時の5つの注意点を解説!

 

少しでも高く車売る為に自分で出来る査定UP方法

 

車どこで売るのがベストなのか?ケース別に徹底解説

 

誰にでも出来る!車を高く売るコツとテクニック

 

査定士はココを見ている!車を売るなら知っておきたい査定のポイント

 

あなたの車の売却相場を調べる2つの方法

 

中古車買取業者を利用するメリットと選び方

 

車売る&下取りに必要な書類一覧と書類の解説

 

新車を買った人に聞いた!新車選びの基準は何でしたか!?

 

社外品マフラー交換後の純正マフラーは処分すべきか?

 

女性に聞いた!こんな車はいやだ!ドライブデートで乗りたくない車の特徴

 

はじめての車選び・・最初の一台の選び方 

関連ページ

損しない車を売る時期の見極め方
知人・友人・親戚などに車を売る方法と注意点
車を売る時の交渉術・高く売るテクニック
車を売るのがめんどくさい時のラク〜な売り方
車を売る時に知っておきたい基本知識
車を即金で売りたい場合の売り方を解説
所有者名義がディーラー名義になっている車の売り方
外車を高く売る方法・ポイントを解説します
早く売ろう!自動車税を払い忘れた車でも問題なく売れる
ホイールの洗い方!徹底的にキレイに掃除する方法
エンジンルームを綺麗に掃除する方法
ヤフオクで車を売る方法をわかりやすく解説
ローン返済中の車を売るたった1つのポイント
走行距離8万kmの車は高く売れる?買い替え時は?
10万km以上走った車を売るポイント
車を売る時の引き渡す前に準備しておく事
バッテリー切れの車を売るポイント
ぶつけた車を売るポイント
故障している車を売るポイント
改造車を高く売るポイント!純正戻しは不要
事故車を売りたい時に使うべき2つのサービスとは?|iVehicle
動かない車を売るポイント
ボロボロの車を売る確実な方法
中古車を高く売るオススメの方法は?|iVehicle
新車が高く売れるタイミングは?|新車を高く売るポイント
車を高く売る方法
車を下取りに出す人は査定額を見て相場を知っておこう
査定を受ける前に準備しておくべき5つの事
車を売る時の5つの注意点を解説!
少しでも高く車売る為に自分で出来る査定UP方法
車どこで売るのがベストなのか?ケース別に徹底解説
古い車は売れない?高く売る方法を教えます
誰にでも出来る!車を高く売るコツとテクニック
査定士はココを見ている!車を売るなら知っておきたい査定のポイント
あなたの車の売却相場を調べる2つの方法
中古車買取業者を利用するメリットと選び方
ここを見れば一発!車買取業者の特徴とクチコミを一挙まとめ
ズバット買取の評判とクチコミ・詳細と利用するなら知っておきたいポイント
車買い替え時に必要な自賠責・任意保険の手続き
本査定の前に!中古車査定士がチェックするポイントを知っておこう
中古車一括査定を利用して最も高い査定額を調べよう
ズバット車買取比較の良い所はこんなとこー体験者レビューもご紹介!
傷ありの車を高く売るポイント
初めて車を売るあなたが知っておくべき全て
残クレで買った車を売りたい!!売り方を簡単に解説
新車に買替える時はどこに車を売るのが得?
中古車へ買い替える時はどこに車を売るのが得?
車をオークション代行で売る方法!やめた方がいいのはこんな人!
車を売る時の流れを売り方別にシンプルに解説
車を下取りしてもらう時の流れをシンプルに解説
車を買取してもらう時の流れをシンプルに解説

ホーム RSS購読 サイトマップ